【妊娠・出産のQ&A】臨月の日常生活で控えるべきことはありますか?

2015/10/22 14:00
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:

臨月になるとだいぶ動きづらくなってきます。
太らないために動くことも必要ですが、生まれてくる赤ちゃんのために危険なことをしてはいけない時期でもあります。
臨月の時期に気を付けるべきことは何でしょうか。
 
 

Q:臨月の日常生活で控えるべきことはありますか?

 

妊娠10ヶ月になりました。赤ちゃんに会えるのが楽しみです。お腹もだいぶ大きくなったので、動きづらいのですが、やはり運動はした方がいいのでしょうか?「した方がいい」と「しない方がいい」の両方の意見があり、どちらが本当なのだろうと思ってしまいます。

また、近場の温泉に行こうかと思っていいますが、やめた方がいいでしょうか?

月の日常生活で控えるべきことがあれば、教えていただければと思います。

 

 

 

A:妊娠中の運動は胎児にもよい影響を与えます

 

妊娠中の運動は気分転換にもなり、血液循環をよくして安眠にもつながるため、胎児にもよい影響を与えます。妊娠37週以降なら、陣痛が来ても差し支えありませんし、積極的に運動をされてもよいかと思います。ただし、どんな運動でも長時間行うのは避け、転倒の危険がある運動、激しい運動は行わないようにしましょう。

すぐに帰宅できる近場なら問題ありませんが、臨月に遠くの温泉地などに旅行するのは、好ましくありません。途中で異常が起こった場合、すぐに対処ができず、取り返しのつかないことになることがあるからです。また、温泉入浴は高温でなければ問題はありませんが、腹部が大きくなっているため、身体のバランスが取りにくくつまずいたりしやすいので、入浴時の事故には気を付けてください。(回答/天神尚子先生

 

みなさんからの妊娠・出産・育児に関するご質問を待っています。「専門家の意見が聞きたい!」という人は是非ご投稿ください。

 

 

もっとQ&Aが見たい人はこちらへ>

Q&Aの投稿はこちらへ>

 

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。