離婚の原因にもなる!産後クライシスとは!?

2016/06/26 19:00
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:

 

近年、よく耳にする「産後クライシス」。仲の良い夫婦でも、安心してはいられません。産後の目まぐるしい変化に直面すると、夫婦関係悪化の危険性が潜んでいます。中には、もとの関係に戻れず、離婚にいたるケースもあるとか。産後クライシスの状態とは、いったいどのようなものなのでしょうか?

 

産後クライシスってどんなもの?

近年、社会現象とまで騒がれている「産後クライシス」。産後クライシスとは、子どもを出産後、2年以内に夫婦の愛情が冷めてしまうこと。「産後危機」と呼ばれることもあります。

 

子どもを授かる前はうまくいっていた夫婦でも、子どもが生まれたことをきっかけに、関係性に変化が生じます。近年、産後クライシスの状態から関係の修復ができず、離婚にまで発展する夫婦が増加しているといわれています。

 

決して他人ごとではない産後クライシスに陥らないためにも、事前に手を打っておいた方がよさそうです。

 

これが産後クライシス!あなたは大丈夫?

気になる産後クライシスの状態を確認してみましょう。主なものとしては、「お互いへの興味や関心がなくなり、会話が激減してしまう」「些細なことで互いにイライラしてしまう」「顔を合わせることすら嫌になる」「産後セックスレスになった」などがあります。

 

あなたのご家庭でも心当たりはありませんか?急に始まるというよりは、日々の不満の積み重ねから、このようなことが起こってしまうようです。さらに悪化すると、常に離婚を考えるなど、関係の修復が不可能となって「離婚」という形をとるカップルもいます。


産後クライシスの原因は?

産後クライシスが起きる時、女性側にはどのような原因があるのでしょうか?大きな原因として、産後のストレスが挙げられます。育児は出産と同時にスタートします。しなければいけないことが一気に増え、責任が重くのしかかり、ストレスが溜まります。そのうえ、ホルモンの影響も受けるので、感情をコントロールすることが難しくなってしまうのです。

 

また、育児に対して非協力的な夫、いつまでも子どものような夫に失望したり、知人の「イクメンパパ」と自分の夫を比較して嫉妬からイライラしたりと、やはり心にストレスを負うことで、産後クライシスに陥る傾向にあります。

 

産後クライシスの原因を見ていくと、どんな夫婦にでも起こりうることがわかります。産後はあらゆる環境の変化が起こって当然です。その激しい変化に夫婦でしっかりと向き合って、協力していくことが重要といえそうです。

(TEXT:津田 玲)


  • 2
  • 1
  • 0
  • 2

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。