子どもばっかりになると夫婦はうまくいかない?

2016/06/28 17:00
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:

 

子どもが生まれると、ママは毎日なれない子どものお世話に大忙しになります。今までは構ってくれた妻がいつも忙しそうにしていたり、自分よりも子どもを大切にしている姿を見ると夫は寂しく感じてしまうのです。子どもばっかりになっていないか、この機会に振り返ってみましょう。

 

態度で伝えるのではなく口で伝える!

 

ママは毎日子どもの世話をしているからわかっていますが、仕事で家をあけることの多いパパにとって、お世話は未知の世界です。手伝いたい気持ちがあってもどうしたら良いのかわからず、見て見ぬふりになってしまうこともあるんです。

 

手伝ってほしいことがあるのなら、わかりやすく口で伝えるようにしましょう。「忙しそうにしてるんだからわかるでしょ」という代わりに「○○してほしいんだけど、お願いできる?」とかわいらしく言ってみましょう!

 

感謝の気持ちを忘れない!

 

休日、パパがうちにいると、だらだらしている姿しか見ていないのでついイラッとしてしまうものです。ですが、こうして子どもと一緒に幸せに暮らせているのも夫が頑張って働いてくれているからこそです。

 

「いつも私たちのために働いてくれてありがとう」とたまには感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。妻からそんなねぎらいの言葉をもらった夫は「いつも子どもの世話と家のことをしてくれてありがとう」と言ってくれるかもしれません。


パパではなく名前で呼ぶ!

 

子どもが生まれる前はお互いを名前で呼んでいたのに、子どもが生まれたら「パパ」「ママ」と呼ぶようになっていませんか?子どものパパとママにはなりましたが、お互いのパパとママになったわけではありません。

 

子どもがいない2人っきりの時は、名前で呼び合うのがおすすめです。お互いを久しぶりに名前で呼び合うと新鮮に感じるかもしれませんよ!たまには手をつないでデートして、パパ・ママではなく夫婦の時間を作りましょう!

 

子どもが生まれると、夫婦ではなく子どもの「パパとママ」になってしまって、夫婦の時間がなくなると、関係がぎくしゃくしてしまうことが多くあります。夫婦の時間を大切にして夫婦が円満になれば、子どももきっと健やかに育ってくれますよ。(TEXT:おおたき)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。