先輩ママが伝授!2歳までの「困った」の付き合い方

2016/07/09 13:30
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:

 

赤ちゃんの「泣き声」「ぐずぐず」「イヤイヤ期」。こうしたママが泣きたい状況も、実はママ自身が充実していれば乗り切れることも多いんです!

 

わが家の長女と1対1で向き合っていた時、双子育児でヘトヘトになっていた時、私がやって救われた、ママが自分を充実させるためのアイディアをお伝えします。

 

ママ、凝ってませんか?

 

毎日の抱っこや家事で肩と腰、凝り凝りじゃありませんか?血流が悪くなると肩こり、頭痛の原因にもなり、体もしんどいです。特に授乳中のママはおっぱいの出にも悪影響なので、しんどいなと感じたら早めのケアがおすすめです。

 

私は整体にお世話になっているのですが、最近はキッズスペースが院内にあるところもあり、小さな子ども連れでも安心して施術してもらえるところもあるんですよ!

 

ママ、睡眠時間は足りていますか?

 

子育てとはとにかく体力との勝負。体力を蓄えるためには睡眠は欠かせません。赤ちゃんのすることや泣き声にイラッときたら睡眠不足かも。

 

やりたいこと、しないといけないことは多々あれど、そんな時はとにかく赤ちゃんと一緒に眠ることをおすすめします。

 

しばらく昼夜逆転生活になるかもしれませんが、赤ちゃんもいずれはお昼寝をしなくなり、夜まとまって寝てくれる時期が来ます。ママの代わりは誰にもできないし、赤ちゃんに必要なのはママのやさしい笑顔だから、無理はしないでくださいね。


ママ、最後に髪を切ったのはいつですか?

 

子どもができたとたん、妻が母になった(女でなくなった)という男性の勝手な嘆きを聞くこともありますよね。化粧する時間(余裕)なんてどこにあるの!?ごもっともです。私自身もそうでした。

 

それなら髪型をちょっと変えてみるのはどうでしょうか?実は髪型って人の見た目にものすごく大きく影響するんですよ!某テレビ番組の変身コーナーでも、髪形が失敗している人はまずキレイには見えません。

 

最近は託児所のある美容室も増えており、なんと無料で預かってくれるところも!子どもから少し離れて自分だけの時間を持つ。この気分の高揚が何より大事です。この高揚感こそが気持ちの余裕を生み出し、その余裕が子どものぐずぐずに対抗する力になるのです。

 

ママにとってはツライけれど、赤ちゃんのぐずぐずもイヤイヤ期も赤ちゃんが成長するために必要なこと。受け止めるママの気持ちに余裕があれば赤ちゃんのぐずぐずもそれほどイライラしなくて済むことも。自分にもちょっと時間をかけてあげることが結局は赤ちゃんをはじめ、家族の笑顔につながりますよ。(TEXT:まままま)


  • 1
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。