夏本番!汗っかき赤ちゃんのあせもおむつかぶれ対策

2016/06/29 10:00
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:

 

こんにちは。日本コミュニケーション育児協会の珠里です。これからの暑い季節、汗かっきなベビーちゃんのあせもやおむつかぶれが気になりますよね。そこで今回はあせもやおむつかぶれにならないために気をつけた良い方がいいことをお伝えいたしますね。

 

こまめに着替えさせてあげてあげましょう

やはり、あせもやおむつかぶれにならないようにするには“汗をかいたら着替えさせてあげる!”、“おしっこをしたら交換してあげる!”につきます。ママが思う以上にベビーちゃんは汗っかきですので、こまめに着替えさせ常にサラサラした状態を保ってあげることが大切です。

 

着替えさせられない外出時は?

そうは言っても、外出中はなかなか着替えることができないですよね。それに加え、外出時はベビーカーや抱っこ紐などを使用するので熱がこもり、汗もかきやすくなります。そんなときには、着せ過ぎないよう心がけ、洋服(肌着)と背中の間にガーゼを一枚入れ、汗をかいたら抜き、新しいガーゼをまた入れる。というようにするといいでしょう。最近は背中に入れる用のガーゼが販売されているので、そちらの利用もおすすめです。冷房対策に薄手の上着を忘れずのお持ちくださいね。

 


 

おむつを開いてすっきりサラサラに

お家で過ごしているとき、ママの余裕があるときには、おむつを開いてあげ過ごさせるのもおすすめです。布おむつにせよ、紙おむつにせよ、汗をかきやすい季節はおむつの中はムシムシ、蒸れやすくなっていますのでおむつを開くことですっきりし、気分転換にもなり、サラサラに保つことができますよ。

 

汗をかいたときにはお風呂やシャワーでさっと流そう

その他、汗をたくさんかいたら、ぬるめのお湯へさっと入浴し汗を流すか、シャワーでさっと汗を流すといいでしょう。その際、石鹸の使い過ぎに注意してくださいね。(石鹸の使用は夜の入浴時のみでいいと思います。)また、あせもやおむつかぶれをしているようならば、患部をゴシゴシとこすり過ぎないよう気をつけてください。

 

 

“すっきりさっぱりサラサラ”を心がけ、あせもやおむつかぶれ知らずで、暑い季節を乗り切りましょう!

 


日本コミュニケーション育児協会(JCCRA)理事、トイレトレーニングアドバイザー®養成トレーナー、「子育てをもっとハッピーに!」をモットーに5人の子育ての経験を活かして、トイレトレーニングアドバイザー®として活動。その他「子どもの心と体に触れるコミュニケーション子育て」を発信しています。


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。