絵本を教材にしてませんか?もっと絵本を楽しむ方法

2016/07/10 17:00
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:

 

お子さんとの絵本タイム、楽しんでいますか?絵本は親子のコミュニケーションツール。上手に活用すれば子どもの心が安定します。せっかくの絵本タイム、上手に絵本を活用しながら親子の絆を深めましょう!

 

その絵本の読み方、もったいないかも?

 

絵本タイムのあと、誰が出てきたか、どう思ったかなど、内容をきちんと理解したかどうか子どもに聞いていませんか?子どもはママの声で読んでもらったお話が大好き。本の内容を理解しているかどうかは小学生からでも十分です。

 

絵本は内容を理解させようとするのではなく、楽しく絵を見せてあげましょう。書いてある字を一字一句間違えずに読む必要もありません。絵を楽しませてあげてくださいね。

 

お話を聞いてくれないときは?

 

せっかく絵本を読んであげているのに、子どもがどこかへ行ってしまうということもありますよね。子どもはとても好奇心旺盛。今、気になったことに対して行動をします。

 

そんなときは、無理に子どもに聞かせようとせずに、ママが1人で声に出して読んでみるといいですよ。子どもは聞いていないようで聞いています。子どもが読んでほしいと言ってきたときに、しっかりと読み聞かせてあげましょう。


絵本は図書館で借りればいい?

 

図書館にはいろんなジャンルの絵本があるので、絵本を借りて子どもに読んであげるというママも多いのではないでしょうか?

 

ただ、返却期限があるため、せっかく子どもが気に入った絵本でもさよならしなければならないのが図書館の難点です。全部買うのがむずかしければ、図書館で借りた本の中で子どもが気に入ったものだけ買うのもおすすめです。

 

子どもはコミュニケーションや感情表現を絵本から学ぶことができます。もっと絵本を有効活用して、親子で絵本タイムを楽しんでくださいね!(TEXT:おおたき)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。