ママも要注意!夏に流行りやすい感染症まとめ

2016/07/08 10:00
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:

 

夏は、熱中症や食中毒とともに、さまざまな感染症にもかかりやすくなります。集団生活をしている子供から広がることが多いですが、親にうつることもあるので注意したいもの。そこで今回は、夏の感染症についてまとめました。

 

咽頭結膜炎(プール熱)

アデノウイルスの感染によって起こります。急な発熱、咽頭痛、結膜炎が主な症状ですが、3つの症状がすべて現れない場合もあります。プールの時期に流行ることから、“プール熱”とも呼ばれることも。ただ、プールを介してだけではなく、せきやくしゃみからも感染するため、家族は食器やタオルの共用などに注意してください。

 

主な症状

・ 急な発熱(38〜40度) ・ 咽頭や扁桃腺の痛み ・ 結膜炎

 

手足口病

その名の通り、手のひらや足の裏や甲、口の中に赤っぽい発疹ができます。口にできると、痛みのために食事がとれないこともあり、小さい子供は脱水症状を起こしてしまうことも。発熱はしなかったり、しても高熱にならないことが多いですが、髄膜炎を併発する可能性があるため注意が必要です。熱が下がれば発疹が出ていても登園できます。

 

主な症状

・ 手や足や口の発疹 ・ 発熱(しない場合もあり)

 

ヘルパンギーナ

突然の発熱とともに喉が赤く腫れ、喉の奥に小さな水疱ができます。水疱が潰れると痛みが生じるため、食事を飲み込めないことも。赤ちゃんが水分をとるのを嫌がったら、口の中を確認してみてください。手足口病と似ていますが、手足には発疹が出ないのが特徴です。

 

主な症状

・ 喉に水疱ができる ・ 急な発熱(38〜40度)

 

伝染性膿痂疹(とびひ)

黄色ブドウ球菌によって起こる皮膚の感染症。虫さされやあせもを掻いたり、擦り傷ができることで、傷口に細菌が入り込んで小さな水疱ができ、じくじくと赤くただれます。飛び火のようにあっという間に広がることから「とびひ」と言われるくらい伝染性が強いので、発症したら他人との接触に気をつけましょう。

 

主な症状

・ 水ぶくれ ・ 赤いぶつぶつ ・ かさぶた

 

 

 

どんな感染症があるか知っておくと、症状が出たときに落ち着いて対処できますね。子供が大勢集まる場では感染のリスクが高まるので、お出掛けの後は手洗いやうがいをして予防しましょう。(TEXT:妹尾香雪)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。