川村ひかるさんが患った「若年性更年期障害」とは!?

2016/07/07 20:00
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:

 

クックパッドベビーをご覧のみなさま、こんにちは!助産師のREIKOです。

 

先日、第1子妊娠を公表し、ニュースでも話題になった川村ひかるさんですが、妊娠に至るまでにはさまざまなご苦労があったようですね。

 

なかでも、身体的にも精神的にもダメージが大きかったのは「若年性更年期障害」だったのではないでしょうか?

 

今、若い世代に増えているという「若年性更年期障害」とはどのようなものなのか、お話ししたいと思います。

 

そもそも更年期障害とは?

卵巣では脳からの指令を受けて、「エストロゲン」というホルモンを作っていますが、年齢とともに、女性の卵巣の機能は徐々に低下していき、エストロゲンも減っていきます。

 

エストロゲンが減少すると、脳からさらなる指令が出されるのですが、卵巣はその指令に応えられないため、ホルモンのアンバランスが起こります。

 

そうなると、月経の異常やのぼせ、いらいらや不眠など、いろいろな症状が出てきます。これらの症状が生活に支障をきたす場合、「更年期障害」と診断されます。

 

若年性更年期障害とは?

「更年期」とは一般的に閉経前後の5年間をいいます。ちなみに現在の日本の平均閉経年齢は50.5歳です。

 

しかし、閉経の年齢に至っていないのに、更年期症状が出現し、日常生活に支障をきたすようなケースを「若年性更年期障害」と呼んでいます。

 

実は最近、このような更年期症状を訴える、20代から30代の若い女性が増えてきているんです。


 

若年性更年期障害の原因は?

女性の体はとてもデリケート。ちょっとしたストレスに影響されて、ホルモンバランスもすぐ崩れてしまいます。また、川村さんもお話ししていたように、過度なダイエットや不規則な食生活も原因になります。

 

そのほかに「早期閉経」という場合もあります。症状を放置していると、回復にも時間がかかることがありますので、早めに受診することが大切です。

 

”若年性更年期障害かも!?”と思う方も、“私は大丈夫!”と思っている方も、仕事や人間関係などのストレス、過度のダイエット、不規則な食生活・・・思いあたることはありませんか?

 

若年性更年期障害は誰にでも起こりうることです。このような生活を見直すだけでも、症状の改善も予防もできると思います。まずはできるところから始めてみませんか?(TEXT:REIKO)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。