【育児のQ&A】哺乳瓶を噛みながら飲み、哺乳量が減っています

2015/10/27 14:00
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:

哺乳瓶から飲むミルクの量が減ってしまったら?哺乳瓶を噛みながらミルクを飲むようになったら?成長や歯並びに影響はないのでしょうか?
 
 

Q:哺乳瓶を噛みながら飲み、哺乳量が減っています

 
11ヶ月になる娘の口には、上下合わせて2本ずつ歯が生えています。ミルク以外の飲み物はストローを使っていますが、ミルクだけはいまだに哺乳瓶で飲んでいます。
最近、哺乳瓶の乳首を歯で噛みながらミルクを飲んでいるようで、以前に比べてかなり哺乳に時間がかかっています。以前は200mlを10分ほどで飲めていたのに、現在は20分かけて飲みます。哺乳瓶を噛みながらこんなに時間をかけて飲み、今後、歯の生え方に異常が出ないかと心配です。
また、最近は200mlを飲み干せず、疲れて寝てしまうこともありますが、問題はありませんか? 以前は1日で以前はフォローアップミルクを900mlほど飲んでいましたが、今は600mlほどになっています。離乳食は2回食で体重が減ることはなく、とても元気です。
 
 

A:自然なことですので、心配はありません


11ヶ月のお子さんの場合、離乳食を3回にし、1日の生活のリズムを作っていくようにしましょう。このくらいの月齢のお子さんは、離乳食で必要な栄養の大半を賄うようになりますから、授乳量は自然に減ってきます。1歳くらいですと、授乳量は1日400mlくらいが一つの目安です。したがって、900mlから600mlに減ってきたのは自然なことですので、心配はありません。
このくらいの月齢では、哺乳瓶の乳首を噛みながら飲んでも、歯の生え方に影響はありませんが、20分もかけて飲んでいるなら遊び飲みのようですね。途中で哺乳を切り上げても、よいと思います。(回答/三石知左子先生

 

 

みなさんからの妊娠・出産・育児に関するご質問を待っています。「専門家の意見が聞きたい!」という人は是非ご投稿ください。

 

 

もっとQ&Aが見たい人はこちらへ>

Q&Aの投稿はこちらへ>

 

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。