自宅にあるツールで、毎日のご飯づくりを簡単に!

2016/07/18 08:00
カテゴリ│
食・レシピ
中カテゴリ:

 

食事づくり、毎日のことだから少しでも負担を減らしたいですよね。とくに離乳食や幼児食の間は、大人と子どもの食事で硬さや味を変えたりしなければならず、負担もさらに大きなものに。

 

今回は、そんな負担を少しでも減らすことができる便利ツールを3点ご紹介します。

 

煮込み料理や離乳食にも!大活躍の圧力鍋

 

肉じゃがやポトフ、ロールキャベツなど、煮込み料理を作るときに大活躍の圧力鍋。大人用に具材を大きめに切っても、とってもやわらかくなるので、子ども用の取り分けも簡単です。カレーやシチューなどは、ルーを入れる前に子ども用を取り分ければ手間も省けます。

 

普通の鍋で作るよりも時間がかからず、ガス代の節約にもなります。レシピもとっても豊富にあるため、得意料理の幅が広がるかもしれません。

 

ホイルとザルでご飯と一緒にもう1品!

 

炊飯釜に洗ったお米とお水を入れたら、その上にアルミホイルを乗せます。そしてアルミホイルの上にカットした野菜や魚・肉を入れて、炊飯スイッチを押すだけ!これでお米を炊くのと同時にもう1品できます。


アルミホイルにご飯がつくのが気になるときは、炊飯釜にぴったりはまるサイズの浅いザルに具材を置きます。


具材をあまり入れすぎるとご飯に芯が残ることがあるので、最初は少量から試されることをおすすめします。野菜はとってもやわらかく、甘くなりますよ。


キッチンはさみやピーラーを活用しよう!

 

下処理から離乳食用に食材を細かくすることまで、大活躍のキッチンはさみ。とってもズボラな使用方法ですが、調理の際、キッチンはさみをしようすることで、まな板や包丁を使わずに済むこともあります。


また、ピーラーも皮むきだけに留めておくのはもったいない!たとえば、きんぴらごぼうなど、さきがきが必要なときもピーラーを使うことで、同じような形状にできます。離乳食や幼児食で食材を薄くしたいときにも使えてとっても便利です。

 

味が染みる煮込み料理を作りたい!夕飯時にもう1品プラスしたい!今日は簡単料理で済ませたい!こんな風に思われたことありませんか?そんなときは今回ご紹介したツールを活用されてみてくださいね。(TEXT:たも)

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。