毎食作るのは大変!離乳食は取り分けで時短&楽に!

2016/07/31 13:30
カテゴリ│
食・レシピ
中カテゴリ:

 

赤ちゃんのために大人と別で離乳食を調理をすると、道具もたくさん使うし、洗い物も増えてしまいます。

 

月齢が大きくなって1日3食となると、時間と手間がさらに増えて1日中キッチンにいる気持ちに・・・。大人のごはんを作りながら、取り分けて調理すると時短になってラクチンですよ。

 

麺類は茹でたら鍋に赤ちゃんの分だけ残す!

 

うどんやそうめん、パスタなど時間通りに茹でたら、ザルにあげますよね。そのときに茹で汁を捨てず、大人の分はザルにうつして、赤ちゃんの分はまだ鍋に残しておきます。そのまま鍋で柔らかくなるまで茹でれば、あとは月齢に合わせて形をかえるだけ!

 

初期であれば裏ごしをして、中期は細かく刻み、後期は食べやすく切ります。熱いうちにフォークで切れば簡単。野菜や肉など冷凍保存しておけば、解凍して麺類と合わせれば1品完成です。


 

取り分けで気を付けることは?

 

赤ちゃんの臓器はまだ未発達です。味付けをしたり油分が含まれていると内蔵に負担がかかってしまいます。

 

また、濃い味付けになれてしまうと、薄味に満足できなくなってしまうので、わが家の離乳食は基本的に出汁や素材の旨味のみで味付けなしです。

 

そして、離乳食は食材のやわらかさが大切!大人用の物をそのまま食べさせると固くて食べにくかったり、内臓に負担がかかってしまいますので、やわらかく調理してから食べさせてあげましょう。


取り分けにおすすめなのは味噌汁&カレー!

 

離乳食の取り分けでおすすめなのが味噌汁とカレーです。どちらも具材をやわらかく煮込みますし、野菜を何種類も使っています。カレーは煮込む前に油で炒めますが、炒めず水を入れて茹でるだけでも大丈夫です。

 

味噌汁は味噌を入れる前に、カレーはルーを入れる前に赤ちゃんの分を取り分けましょう。取り分けたら月齢に合わせて食べやすく裏ごししたり切ったりします。切るときはキッチンバサミを使うと片付けが楽ですよ。

 

取り分け調理をしていると、赤ちゃんと大人のごはんがほぼ同時にできあがります。赤ちゃんは大人と同じ物を食べているのがうれしくなって、みんなで食卓を囲む時間がもっと楽しみになりますよ。(TEXT:kokoko)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。