【ママの時短術】便利グッズで幼児食作りが断然楽に!

2016/07/26 06:00
カテゴリ│
食・レシピ
中カテゴリ:

 

形のあるものを食べられるようになる1歳ごろからは、料理のバリエーションもぐんと広がりますよね。

 

メニューに悩むことが少なくなりますが、白ごはんをおにぎりにしたり、具材をやわらかく煮るなど、まだひと手間かかる月齢です。そこで、あると便利な料理アイテムを3つご紹介します。

 

コレは便利!おにぎりメーカー

 

おにぎりメーカーは、子どもがひと口で食べられる量のごはんを入れて、フリフリするだけでおにぎりが完成する優れものです。さらには、洗って繰り返し使えるのでとってもエコ!

 

私が使っているのは「しまじろう」の玩具ですが、ネット通販でも似た商品が売られています。子どもと一緒に楽しみながらおにぎり作りができるのも魅力です。

 

おにぎりの上にチーズを型抜きして乗せたり、混ぜごはんのおにぎりを作るなど、手早く簡単にかわいいおにぎりができあがります。型にごはんを詰め込むタイプの商品もありますよ。

 

下ごしらえはフードプロセッサー任せ!

 

幼児食は食材を食べやすい大きさに切る手間が必要です。そこで、時短の王様であるフードプロセッサーを活用するのがおすすめです。

 

私が愛用している「TWINBIRD」の「チョッパー付ハンディーブレンダー」は、価格もリーズナブルで使い勝手も抜群!

 

たとえばハンバーグの下ごしらえは、使う野菜類をチョッパーに入れてスイッチを押すだけで、10秒もかかりません。手間のかかるかぼちゃスープも、ブレンダーで混ぜれば即完成しますよ。


簡単で時短!レンジゆで野菜調理保存容器

 

少ない量のほうれん草やブロッコリーなどを、お湯を沸かして鍋で茹でるのもちょっと面倒ですよね。そんな悩みを解決してくれるのがレンジで調理ができる「野菜調理保存容器」です。調理したあとはそのまま冷蔵庫に保管もでき、洗いものも最小限で済みます。

 

茹で時間が難しい野菜ですが、レンジだとコツさえつかめば失敗いらず!また、レンジで調理している間に、ほかの料理メニューを作れるので時短にもなりますよ。容器は丸型と縦型の2種類あると便利です。

 

幼児食を作る手間が少しでも減ると、ママの負担も減りますよね。今回ご紹介したアイテムは、わが家で購入して5年経った今でも大活躍しています。ズボラで十分!便利アイテムを上手に使って、簡単に楽しく幼児食を作りましょうね。(TEXT:みかん)


  • 0
  • 2
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。