ちょっとしたグッズで♪親子で楽しむ離乳食&幼児食

2016/07/17 08:00
カテゴリ│
食・レシピ
中カテゴリ:

 

子どもはとってもきまぐれ。「こないだは大よろこびでたくさん食べたのに、今日は食べない!」「凝った料理を作ったのに食が細かった!」など、こんな経験はありませんか?

 

そんなときにぜひ試していただきたい、ひと工夫できるアイテムを3つご紹介します。

 

おもちゃ感覚!手動のフードプロセッサー

 

離乳食期から大活躍のフードプロセッサー。電動のものがメジャーでわが家も使っていますが、洗うのがめんどくさくなって出番が少なくなっていました。

 

そんなときに手動のフードプロセッサーを試しに購入したところ、遊び感覚で使えるので親子で楽しく使っています。

 

紐を引っ張って動かすので、力は結構必要ですが、粗さも好み通りにできます。洗いものもラクラク。炊飯器やオーブンなどでコンセントが使えないっときも便利です。

 

いろんな用途に使える!ポリ袋

 

唐揚げの下味をつけるために揉みこむとき、浅漬けなどを作るとき、ハンバーグをこねるときなど、普段から大活躍のポリ袋。そんなポリ袋をさらに有効活用するポリ袋レシピという調理法があります。

 

具材や調味料をポリ袋に入れ、空気を抜き真空状態にして、袋にいれたまま熱湯で加熱するだけ。チャーハン、唐揚げ、煮豚、煮魚などなど、いつもは後片付けがめんどくさい料理も簡単にできます。ジッパーつきのフリーザーバッグでもOKです!


野菜嫌いな子も大よろこび!型抜きでかわいく

 

子どもの野菜嫌いは親にとっても悩ましいことですよね。細かく切って入れるだけではなく、たまには形ある野菜を食べてもらいたい・・・そんなときは、型抜きで野菜をくり抜いて、見た目で勝負してみるのはいかがですか?

 

型抜きはいろいろと種類がありますが、小さめで形が単純な方が料理の出来上がりも形がわかりやすくなります。また、プラスチック製より、金属製の型抜きの方がくりぬきやすいのでおすすめです!

 

作った料理をおいしそうにたくさん食べてくれる姿は、作り手としてはうれしく、作りがいもありますね。今回ご紹介したグッズで、あなたのおうちでも親子ともに笑顔で食卓を囲む機会が増えるとうれしいです。(TEXT:たも)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。