【脱力系ゆる育児日記】第10話~尿道と涙腺の尿道~

2016/07/13 18:00
カテゴリ│
コラム
中カテゴリ:

 

クックパッドベビーをご覧のみなさま、こんにちは。高齢育児中のイラストレーターやましたともこでございます。

 

今日は「尿道と涙腺の尿道」のお話です。

 

 

無事に出産を終え、子育てに奮闘しているお母さんさまたち〜!涙腺と尿道は正常ですか〜?

 

ワタクシは下の子を産んでから、まもなく2年と半年が経つのですが、未だに涙腺と尿道がおかしくって困ってます。

 

この「尿道」と「涙腺」という特定2代お困り要素の内、今日は「尿道」のお話をさせていただきたいと思います。

 


以前テレビで、体を動かすお仕事をしているお母さんは比較的もとに戻りやすいと聞いたコトがありますが、ワタクシ1日3センチしか動かない「高齢3センチイラストレーター」なので、ガンガン現役で漏らしてます♡

 

 

先日も、長女N子の保育園の参観で、ドS丸出しの若い先生(推定24才)が「お母さんも一緒にジャンプしましょう!」と女王さま的なコトを言い出しました。

 

私もうっかり2〜3回ジャンプをしてしまい、最愛の子どもの職場(保育園)で尿洩れしそうになるという怪談に近いヒンヤリ体験をすることに。

 

 

下腹部を超ギュ〜〜〜〜〜ッとして難を逃れましたが、ほかのお母さんのコトが気になって、隣のお母さん(推定32才)に「尿洩れ大丈夫ですか?」と聞いてみたら「全然あかんで〜」と言いながら笑顔でジャンプを続けていました。

 

いや〜、子どもの参観とかいいながら、なかなか天晴な戦いでした。
 

 

尿洩れでお困りのそこのあなた、ジャンプや小走りは危険ですよ。どうしても困った時は「超ギュ〜〜〜〜〜ッ」で乗り切ってみてください。


一緒にがんばりましょう!

 

 

 

イラストレーターやましたともこの「脱力系ゆる育児日記」は、毎週水曜日にお届けしています!

 


▼過去のお話はこちら▼

    

 

      

 

  

    

 


高知県生まれ大阪市在住。お固い系の商社で働いた後に大胆転職。グラフィックデザイナーを経てイラストレーターに。おんなこどもをメインターゲットにヤングでゆるめなイラスト描いてます。


  • 5
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

コラムの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。

コラムに関するキーワード