【助産師REIKOがレクチャー】安産ってどんなお産?

2016/07/22 19:00
カテゴリ│
コラム
中カテゴリ:
産後

クックパッドベビーをご覧のみなさん、こんにちは!助産師のREIKOです。

 

クックパッドベビー編集部の悩める新米パパの疑問に回答したいと思います。今回は、「安産」についてお話しします。

 


 

 

安産とは?

国語の辞書で「安産」を調べてみると、「あまり苦痛や危険もなく子を産むこと」とあります。

 

それでは、「苦痛」とは何なんでしょう。真っ先に思い浮かぶのは、陣痛の痛みかもしれません。確かに、陣痛の痛みを乗り越えることはつらいことですよね。

 

でも、お産が早く進みすぎて、移動中にお産になってしまったり、お産後ママの出血が多くなってしまったりしたらどうでしょうか?陣痛に耐える時間が短いということは、必ずしも安産と言えないのではないかと、私は思います。

 

最終的に赤ちゃんとママが元気なのが1番!

吸引分娩は、もうすぐ赤ちゃんが生まれる!というのを目前にしながらも、赤ちゃんが生まれるのにまだ時間がかかってしまい、赤ちゃんに危険が生じる可能性があると判断された場合に、少しだけ医療のお手伝いを受けて行われるお産のひとつです。

 

吸引分娩だけでなく、帝王切開の場合でも、「自分の力で産めなかった」と自分を責めてしまうママは少なくありません。

 

でも、その方針を受け入れたことで赤ちゃんは無事生まれてきたのですから、自分を責める必要なんて全くないと思います。

 

捕らえ方は人それぞれ!

自分のお産に対してわだかまりを持ったまま過ごすと、その後の育児や次のお産にも影響を及ぼすこともあります。そのため、助産師は、お産後のママに今回のお産を振り返ってもらう「バースレビュー」という機会を設けるよう心がけています。

 

お産後は休む間もなく、育児に突入して、お産を振り返る時間なんて!と思うかもしれませんが、ぜひご夫婦でもお互いの気持ちを聞き合うのもいいのではないでしょうか?

 

最後に、先ほどのオオデラパパの「吸引分娩だったのに、安産って言えるの?」という質問に戻りましょう。

 

どのような形であれ、ママと赤ちゃんが元気であること、このお産に対してママが肯定的に受け止められているというのなら、そのお産はその人にとって「安産」だったと私は思いますよ。(TEXT:REIKO)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

コラムの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。

コラムに関するキーワード