子どもとのコミュニケーションにも!お手伝いのすすめ

2016/07/24 06:00
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:

 

1歳を過ぎてひとり歩きがしっかりしたら、遊びの延長で「お手伝い」をしてもらいましょう。うまくいかなくても、親子の楽しいコミュニケーションになり、わが子のかわいいしぐさや笑顔でハッピーになれますよ。手伝ってくれたら思いっきりほめてあげてくださいね。

 

【お片づけ】掃除機かけ&ゴミ捨て

 

掃除機が大好きな赤ちゃんは意外と多いと思います。不思議な形をしていて大きな音がして車輪も付いている・・・。

 

わが家の1歳8カ月の息子はいつも掃除機を追いかけまわしています。そしてママの見よう見まねで掃除機をかけてくれることがあります。


ゴミ捨ても「ぽいぽいして」など、簡単な言葉でくりかえし教えると、ゴミ箱に捨てられるようになります。得意そうな満面の笑みで戻ってきたら、たくさんほめて自信をつけてあげていますよ。

 

【お洗濯】洗濯物を手渡す&たたむ

 

洗濯物を干すときは、お子さんにカゴから取ってもらいましょう。結構助かりますよ。「ありがとう、たすかるなー」など声をかけることと、「びしょびしょだから干そうね」など、洗濯物を干す理由も教えましょう。


次に、乾いた洗濯物をたたむことにもチャレンジ!「乾いたね」「お日様のにおいがするね」など、会話をしながら乾く前と手触りや匂いが変わることを教えます。洗濯物をたたむのはちょっと難しいですが、手伝ってくれたらほめてあげましょう。


【水やり】植木や庭木にとふれあう

 

水やりは、身近にある自然の大切さを伝えられます。花が咲くことや、水やりで葉っぱにつく水滴などは、子どもにとってきれいで不思議で楽しいものです。

 

また、ダンゴムシやアリ、ちょうちょ、ほかにもいろんな虫に出会えます。上手にできなくても、外で水に触れるだけでも子どもにとっては楽しい遊び!

 

たくさんこぼしても、春夏であれば、「涼しくて気持ちいいな」、秋冬であれば「冷たくて寒い」と感じさせることができます。

 

言葉をうまく発することができない年齢でも、ママやパパの言っていることは理解しているものです。いろんなお手伝いにチャレンジしてもらい、親子のコミュニケーションを楽しんでみてくださいね!(TEXT:m.k.)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。