虫刺されによる水ぶくれ!原因と対処法、予防策は?

2016/07/31 08:00
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:

 

蚊などの虫たちは、汗っかきの子どもが大好き。親自身はあまり虫に刺されていないのに、子どもだけひどく刺されているケースも少なくありません。

 

子どもによっては、虫に刺されたあと水ぶくれになることも。そこで、虫刺されの対処法などについてまとめました。

 

なぜ虫に刺されたあと水ぶくれになるの?

 

うちの子も、0歳代のころから虫刺されによる水ぶくれに悩んでいました。虫刺されが多くなる夏には、必ずといっていいほど皮膚科通い!

 

水ぶくれになる原因は、ほとんどの場合「掻いてしまう」ことにあります。掻かなくても水ぶくれになる場合は、アレルギー反応を起こしている可能性も。

 

うちの子は掻きすぎによって水ぶくれになり、ひどいときには刺された腕全体が腫れることもありました。心配なときは病院を受診するのが安心ですね。

 

薬を患部に塗るときに行いたいことは?

 

患部に薬を塗るだけだと衣類などに薬が付着してしまうほか、水ぶくれが潰れて膿が出てしまうこともあります。さらに膿がついた指で、患部以外のところを掻いてしまうと「とびひ」に発展することも。

 

そこで、わが家で行っている処置方法は、患部に薬を塗ったあと「ガーゼ」を当てることです。薬も患部だけでなく、ガーゼにも塗っておくと治りが早いです。ガーゼをしっかりテープで固定し、1日1回入浴後に新しいガーゼに替えます。


必見!水ぶくれに発展しない方法!

 

掻き過ぎが原因の場合は、掻いてしまう前に対策することが重要です。わが家では虫刺されパッチを常備しています。虫に刺されたとき、なるべく早めに貼って対策しています。

 

そうすると、掻きむしり防止になり水ぶくれにならなくて済むことが多くなりました。さらに虫刺されパッチには、痒みを抑える成分が含まれているので、子どもにとっても楽です。パッチを嫌がる子どもには、キャラクターパッチもおすすめ。

 

虫刺され予防に長袖長ズボンを着用することも有効ですが、暑い季節にそうはいきませんよね。最近では虫よけリングや洋服などに貼るタイプの虫よけグッズも販売されています。幼児もOKな虫よけグッズを活用し、外遊びを満喫しましょう!(TEXT:みかん)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。