【アトピー体験談】アトピーにはお風呂が一番NG!?

2016/07/26 19:30
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:

 

わが家は、娘が2人ともアトピー体質で、赤ちゃんのころからずっと病院で診てもらっています。なかなかよくならなかったのですが、とある先生に出会って症状が回復したんです。

 

一番やってはいけないことは・・・お風呂に毎日入ること!?わが家のアトピー体験談をお伝えします。

 

保湿!保湿!と言われ続けましたが・・・

 

赤ちゃんのころから湿疹が多く出て、1歳を過ぎるころには全身が真っ赤でかゆくなる、アトピー肌な娘。

 

乳児湿疹のころから小児科や皮膚科など、さまざまな病院を訪れましたが、どこの病院でも「とにかく保湿!」と言われ、塗り薬に飲み薬も大量に出されていました。

 

毎日毎日かゆがって、寝ている間も掻きむしって出血するほど・・・。見ていてとてもかわいそうな状態でした。

 

うそ!?お風呂が一番ダメ!?

 

そんなときに「アトピーは薬を多用するのではなく、正しく塗る。自分の肌のうるおいを守ること!」とおっしゃる先生に出会いました。

 

中でも一番衝撃だったのが「お風呂に入ってはいけない!」ということ。毎日お風呂に入って汚れを落とさないと汚い!と思いがちですが、子どもの肌は汚れが少なく、むしろお風呂に入ることでうるおいを失っているというのです。

 

そのうるおいを失った肌の表面に、保湿剤でうるおいを与えても、よくなるわけがなく症状を長引かせてしまっていました。


薬は1種類!お風呂は週1回!

 

症状を抑えるためのステロイドが入っている塗り薬と、週1回のお風呂で娘は信じられないほど症状が回復しました。こんなに変わるとは本当に驚きです。

 

今でもお風呂の回数は少ないですが、症状が出たときに薬を塗ることで落ち着いています。ちなみに、塗り薬の正しい塗り方は、肌のしわの方向に塗ることなんだそうです。なので、基本的に薬は横に伸ばしています。

 

すべての子に当てはまるわけではありませんが、肌の状態を正しく理解すること、お風呂は毎日入らないと汚いという固定観念にとらわれないことが大事なんだと勉強になりました。病院を受診しても症状がよくならない場合は、セカンドオピニオンも視野に入れたほうがいいかもしれません。(TEXT:mingo)


  • 1
  • 4
  • 1
  • 3

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。