【体験談】トイレトレーニング、外出先でどうしてる?

2016/08/13 14:00
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:

 

子どものトイレトレーニングで悩んだことのひとつに、外出先でのトイレトレーニングがありました。家には補助便座のある慣れたトイレがありますが、外出先には備え付けられていないこともありますよね。

 

そこで、わが家で実際に試している外出先でのトイレ方法をご紹介します。

 

トイレのタンク側に子どもを座らせる!

 

補助便座がないトイレに子どもを座らせるとき、まず試みるのが子どもの両脇を支えてトイレを行うことではないでしょうか?

 

私も最初のうちは、そうしてトイレをさせていました。しかし、バランスが悪く子どもが不安がります。体が緊張して、上手に排泄できないことも。

 

そこで試したのが、トイレのタンク側に座らせることです。子どもを支えることに変わりはないですが、バランスが取りやすくなりました。

 

難関!和式トイレの場合はどうする?

 

現代の子どもたちは和式トイレに馴染みがありませんよね。これを機に、こういったトイレもあることを教えてあげましょう。

 

うちの子が和式トイレに初挑戦したとき、どうすればいいのか右往左往しました。和式トイレでしゃがむことが怖いようで、初挑戦は失敗に終わりました。

 

そこで考えた末に行ったのが、子どもを抱っこしたまま排泄を行うことです。ママに抱っこされた状態だと、子どもは安心して排泄できるようです。


外出先のトイレをどうしても嫌がる場合は?

 

いずれは取れるおむつです。どうしても外出先のトイレを嫌がる場合、無理に行う必要はないと思います。無理強いすると精神的トラウマになり、ますます外出先のトイレが嫌に。

 

外出先だけおむつにする、車におまるを置いておくのも方法のひとつです。うちの子も外出先のトイレを嫌がり、洋式便座に座ろうともしませんでした。ママのトイレに一緒に入るなど、雰囲気に慣れることから始めて、自然と行えるようになりました。

 

外出先のトイレは悩みの種でしたが、回を重ねるごとに自宅のトイレとは違うことを子どもが認識し始めました。何ごとも経験が結果へとつながることを実感しています。嫌がる場合は、時間をおいてから再チャレンジするのがいいかもしれませんね。(TEXT:みかん)


  • 1
  • 1
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。