【体験談】大赤面!乳垢に気付かず授乳しちゃった!

2016/08/09 21:00
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:

 

出産に向けて乳首のケアはしていますか?私はじゅうぶんな乳首ケアができていなかったため、産後に恥ずかしい思いをしました。

 

今回は、そんな私の体験談を交えて、妊娠中にしておきたい乳首ケア方法をまとめました。

 

妊娠中は乳垢がたまりやすい!

 

妊娠中は、基礎代謝が約20%上昇するんだとか。体温が上がるため、汗をかきやすく母乳が少しずつ出始めるので、乳垢もたまりやすいそうです。そんなことを知らず、私は乳首ケアをしっかり行っていませんでした。

 

その結果、出産直後に授乳をしていると赤ちゃんが含んだ箇所だけピンク色に。そばで見ていた看護師さんが「それ、垢だね」と。そこで初めて垢がたまっていることを知ったんです。もう大赤面!恥ずかしい思いをしました。

 

乳垢が目立ってきたら行いたいこと

 

看護師さんに指摘され、ガーゼで垢を拭き取ろうとしたのですが、なかなか取れません。そこで看護師さんに教えてもらったのが「乳首パック」です。ベビーオイルを直接乳首に塗ったあと、乳首より大きめのラップで覆います。そのまま約20分間放置。そのあとシャワーで流すと、簡単に乳垢が取れました。

 

無理に乳垢を取ろうとすると、乳首に傷ができてしまうこともあるので、やさしく取り除くようにしてくださいね。また、妊娠中に乳首を刺激するとおなかが張ってしまうこともあるので注意してください。

 


乳垢以外にも・・・

 

産後、母乳をよく出すためには、食べるものも和食中心がいいそうです。脂っこいものや甘いお菓子を食べすぎると乳腺も詰まりやすくなるとのこと。

 

幸い私は恥ずかしい思いをしただけで済みましたが、授乳をスムーズに行うために乳首ケアは大切だということを学びました。そして、生まれたばかりの赤ちゃんにも申し訳なかったなと反省。

 

1人目妊娠時にこういった恥ずかしい思いをしたので、2人目妊娠時には事前に乳首ケアを行うことができました。気持ちよく赤ちゃんにおっぱいを飲んでもらうために、清潔な乳首を保つことも忘れずにいたいですよね。(TEXT:みかん)


  • 7
  • 3
  • 7
  • 7

既にクリックしています。

  • 詰まりやすいって日本じゃよく聞くけど本当に因果関係あるの?海外はというとこれまた普段からの食生活や乳腺の太さ、DNA、欧米人の体質など言うけど… 何を持って…

    2016/11/23 12:43

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。