【働くママの体験談】仕事と育児の両立って難しい!

2016/08/03 21:00
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:

 

職場復帰したものの、育児と仕事の両立、本当にできてる・・・?と、私も悩んだワーママのひとりです。自分がこの先、仕事と育児にどう向き合いたいか、人それぞれだと思います。

 

私が実際に復帰前はどういう気持ちだったか、復帰後どうなったかについてまとめてみました。

 

もともとはバリバリのキャリア志向型!

 

私はもともと製造メーカーの技術の仕事をしていて、海外出張にもあちこち行きましたし、トラブル対応で突発的な残業なんて日常茶飯事。産後復帰したら、また同じようにキャリアを積むつもりでした。

 

このタイプの場合、旦那さんなど、身近に24時間サポートできる人がいないとかなり厳しいと思います。ただ、産後の私は、かわいい子どもを目の前にして海外出張で数週間留守にしたり、仕事で深夜に帰宅したりする自分を想像できませんでした。

 

仕事も育児もバランスよく!中間型

 

数カ月前まで私はこのバランスタイプでしたが、仕事と育児を「バランスよく」することはすごく難しいことです。責任ある仕事がしたいけれど、あまり残業はできない。土日は子どもと過ごしたいけれど、担当業務の進みが悪い。このタイプも旦那さんのサポートがもちろん必要です。

 

私の場合、命じられた仕事をできませんと言えない部分があって苦労しました。あとから上司と話したところ、もっと助けを求めてもよかったみたいです。職場の上司とは率直に会話したほうがいいと思います。


仕事はそこそこ、育児重視型!

 

仕事と育児の両立ができず転職を考え始めたころ、夫の仕事の都合で遠方への転居が決まり、私は会社の好意で在宅勤務させてもらえることになりました。

 

転居前は子どもの送迎や食事の準備も夫にしてもらっていたのですが、今は私がその担当です。技術力はそのまま仕事に生かすことができ、子どもとの時間も増えてとても幸福度の高い生活ができているなと感じています。

 

近年、在宅勤務制度は広がっているので、職場の制度をチェックしてみてもいいかもしれませんね。

 

あくまで私の経験に基づいた話ですが、職場復帰前の方は、仕事と育児の両立というものが現実的にはどういうものなのか、自分の立場としては何が必要なのかを考えるきっかけになればうれしいです。仕事と育児の両立は難しいけれど、ママも家族も納得する選択をしたいですね。(TEXT:まかおり)


  • 0
  • 1
  • 0
  • 1

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。