【体験談】赤ちゃん時代から保育園、実際どうなの?

2016/08/01 18:00
カテゴリ│
コラム
中カテゴリ:

 

出産後、まもなく職場復帰をされる方も多いかと思います。とくに子どもが1人目の場合、0歳から子どもを保育園や託児所に預けることに罪悪感を覚えたり、1歳を過ぎるまでに比べて免疫力がないので休んでばかりになるのでは?という不安もよく耳にします。

 

そこで今回は、赤ちゃん時代から保育園にわが子を預けていた、わが家の体験談をお伝えします。

 

0歳から預けるのって、かわいそう?

 

「小さいときから預けるのはかわいそうじゃない?」私自身も周りのそんな言葉に傷付いたことがありました。実際に入園後すぐは、これでよかったのかと不安になったものです。

 

けれども、園での生活を通して手遊びや歌を覚えてきたり、あいさつをする順番を守ったりなど、ルールを身につけ始めたわが子を見たら、不安はきれいサッパリなくなりました。

 

昔から子どもはたくさんの大人に囲まれて育ってきました。それが自分の家族や近所の人から、保育園に変わっただけではないでしょうか?

 

「早いうちから保育園」のメリット

 

小さいときから集団生活に慣れておくと「ママから離れたくない!」とグズったりすることも少なくなります。

 

うちの子も、0歳のときはまだまだ赤ちゃんなので最初は知らないところに連れて行かれてママもパパもいないという状況に驚き泣いていました。でも、1、2カ月も過ぎると先生が大好きになり、あまり泣かなくなりました。

 

これが2歳3歳からとなると知恵がつき、保育園に行かない、家に帰るという選択肢ができてしまうのかもしれません。


免疫力が心配・・・1歳すぎるまで待つべき?

 

うちの子は、入園後すぐに「ヒトメタニューモウイルス」という呼吸器感染症にかかり、1カ月ほとんど保育園をお休みしてしまいました。

 

幸いなことに、職場復帰を1カ月先にずらしてあったので仕事は休まずに済みました。余裕のある方は入園時期と職場復帰をずらした方がいいかもしれませんね。

 

ただ、集団生活が始まると、今まで熱を出したことがなかったような子も必ず何かの病気になることが多いです。それは1歳すぎても同じことなので、あまり気にしなくてもいいかと思います。

 

妊娠前から頑張って仕事をしてきた女性が早く職場に戻りたいと思うのは当然です。今では保育サービスも発達していて、うちの子が通っている園でも英会話、リトミック、体操教室があります。家庭と保育園、二人三脚の子育てを楽しみたいですね。(TEXT:まかおり)


  • 13
  • 2
  • 18
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

コラムの新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

コラムに関するキーワード