【体験談】会陰切開ってなに!?本当に痛くないの?

2016/08/08 19:00
カテゴリ│
コラム
中カテゴリ:

 

妊娠中に初めて聞く言葉、会陰切開。「え!切るの?!」「なんで?!怖い!!」と思う方がほとんどだと思います。

 

私は3回出産していますが、3回とも違うパターンでの出産でした。そこでの会陰切開にまつわる私のエピソードをご紹介します。

 

会陰切開はなんのため?

 

会陰というのは赤ちゃんが出てくる出口部分。要はそこをパツンと切って、赤ちゃんが出やすいように処置をすることです。怖く感じる方も多いと思います。でも、私はあまり痛くありませんでした!

 

だって、それ以上に陣痛は痛いし、赤ちゃんが出てくる痛みで会陰が麻痺状態だったからです。私は1人目で切開していますが、ハサミを入れた感触はあれど、痛みはまったくありませんでした。

 

痛みは産後にやってきます・・・

 

切開自体は本当に痛くありませんが、痛いのはそのあと。切開したところを縫うのですが麻酔をしても痛い!

 

でも、勢いよく赤ちゃんが生まれると、切開する間もなく裂けてしまうことも多くあります。私は2人目でおしりの方まで大きく裂けてしまい、処置のときも、産後入院中も痛みを引きずって大変でした。

 

裂け方によっては、縫い方が複雑になり、痛みも多くなるんだとか・・・。切開は傷の治りも早いので、必要な処置なんですね!


会陰マッサージ、ぜひやってみて!

 

産後に会陰を縫う処置をすると、産後に痛みが続くことがあります。そのまま座ることができないので、円座などを使って痛みを和らげるのですが、赤ちゃんへの授乳や産後の体の回復にも影響するので、切開しないに越したことはありません。

 

妊娠中にオリーブオイルを使って会陰をマッサージする方法があり、助産師さん曰くやらないよりマシ!なんだそうです。切迫早産などで体勢に制限のない方は、ぜひ試してみてくださいね!

 

説明だけ聞くと「こ、怖い!」と思ってしまう会陰切開ですが、出産時はそんなこと気にしてられない!というのが正直なところ。ですが、心の準備やマッサージなどで不安を和らげることはできますので、ぜひ参考にしてくださいね。(TEXT:mingo)


  • 3
  • 1
  • 0
  • 4

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

コラムの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。

コラムに関するキーワード