1歳児と犬の散歩!とっておきの安全対策とは?

2016/08/17 13:00
犬の散歩で「リードを持ちたい」と子どもが言ったとしても、自分ひとりで歩くのがまだまだおぼつかない子どもにリードを持たせてしまうのは危険です。犬が急に走りだしたりしたら、間違いなく子どもも一緒に引っ張られてしまいます。そこで、おすすめなのが、伸び縮みするタイプのリードと伸びないタイプのリードの2本を用意する方法。2本のリードを犬につけ、伸び縮みするリードは子どもに、伸びないリードはママが持ちます。犬の歩く速度は、パパやママが持っているリードでしっかり制御!パパやママがしっかりと手綱を握っているとはいえ、子どもにリードを持たせても大丈夫かを確認してから持たせてくださいね。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
工夫

 

子どもを一緒に犬の散歩に連れて行っていたら、ある日、子どもが犬のリードを持ちたいと言い出した!そんな状況に困っているパパやママはいませんか?

 

リードを持たせるワケにはいかないが・・・

 

「リードを持ちたい」と子どもが言ったとしても、自分ひとりで歩くのがまだまだおぼつかない子どもにリードを持たせてしまうのは危険です。

 

犬が急に走りだしたりしたら、間違いなく子どもも一緒に引っ張られてしまいます。しかし、「ダメ」と言っても子どもはリードを持ちたがることでしょう。

 

2種類のリードを用意しましょう!

 

そこで、おすすめなのが、伸び縮みするタイプのリードと伸びないタイプのリードの2本を用意する方法なんです。

 

2本のリードを犬につけ、伸び縮みするリードは子どもに、伸びないリードはママが持ちます。


 

伸びない方のリードでしっかり制御!

 

犬の歩く速度は、パパやママが持っているリードでしっかり制御!そうすることで、子どもが犬に引っ張られたりする心配がなくなります!子どもも自分がリードを持っていることに、大よろこびすること間違いなしです。

 

1歳6カ月を過ぎるころには、だいぶしっかり歩けるようになる子どもが多いですが、子どもによって、そのしっかり加減はさまざま。

 

パパやママがしっかりと手綱を握っているとはいえ、子どもにリードを持たせても大丈夫かを確認してから持たせてくださいね。(TEXT:ヒロコ ラメッシェ)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。