ベビーちゃんの夏のスキンケアってみんなどうしてる?

2016/07/27 10:00
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:

 

こんにちは。日本コミュニケーション育児協会の珠里です。冬は乾燥が気になりベビーちゃんのスキンケアを怠らないママも夏になるとお休みがちになってしまうことが多いようですね。そこで今回は“夏のスキンケア”についてお伝えいたしますね。

 

実は夏のスキンケアも大切!

夏は強い日差し(紫外線)や冷房と肌にダメージを与える要素が満載。あせもやおむつかぶれ、そして乾燥と肌のトラブルに悩まされるママは少なくありませんよね。冬と同様に実は夏のスキンケアはとても大切なんですよ。

 

清潔かつサラサラに♪

汗っかきのベビーちゃんはあせもやおむつかぶれになりやすく、特にあせもはかゆみがあるため搔きむしってしまい“とびひ”になってしまうことも。汗をかいたら、こまめに拭き、着替えさせたり、お風呂やシャワーで流してあげてくださいね。また冷房がかかった部屋でも時折背中に手を入れ、汗をかいていないかを確認し、お肌を清潔にかつサラサラに保つよう心がけてくださいね。

 

お風呂での刺激にも注意しましょう

お風呂やシャワーで身体を洗う際にも気をつけたいことがあります。お湯の温度は“38℃くらい”で、水圧が強くなりすぎないよう気をつけてあげてください。そして、ごしごしと洗わずに、泡を立て手のひらで優しくなでるように首や手首のシワなど隅々まで洗ってくださいね。

 


 

夏こそ保湿はしっかり

また、お風呂やシャワー、そして水遊びをすると、汗とともに肌を保護している皮脂なども少なからず流れていますので、肌が乾燥しやすくなります。そして、強い日差し(紫外線)を浴び、汗をかき、冷房をかけた部屋で過ごす夏は、乾燥しやすいので、“保湿をしっかり”行いましょう!

 

日焼け止めって塗ってもいいの?

はい。外出時はぜひ日焼け止めを塗り、強い日差し(紫外線)からベビーちゃんの敏感なお肌を守ってあげてくださいね。ベビーちゃん用にいろいろな種類の日焼け止めが販売されていますが、その中でも石鹸で落とせ、“紫外線吸収剤不使用”や“ノンケミカル”のものが肌への負担が少なくておすすめです。

 

 

夏のスキンケアをしっかりすることで、秋からの乾燥時期もすべすべの肌で過ごすことができるようになります。ちょっとことことで、赤ちゃんにとって初めての夏を楽しく安全にすごせます。


日本コミュニケーション育児協会(JCCRA)理事、トイレトレーニングアドバイザー®養成トレーナー、「子育てをもっとハッピーに!」をモットーに5人の子育ての経験を活かして、トイレトレーニングアドバイザー®として活動。その他「子どもの心と体に触れるコミュニケーション子育て」を発信しています。


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。