簡単&楽しい!家庭菜園で野菜嫌いを克服しよう♪

2016/08/01 19:00
カテゴリ│
食・レシピ
中カテゴリ:

 

子どもも離乳して幼児食になると「野菜嫌い」が出てきますよね。うちの子は、トマトが苦手でした。

 

そこでチャレンジしたのが、家庭菜園もどき。プランターにミニトマトの苗を植えて育てる「かんたん家庭菜園」です。今回はそのノウハウをご紹介します。

 

まずは、材料をそろえましょう!

 

まずは必要な材料を、近くのホームセンターに買い出しにGO!もちろん、子どももいっしょに行って、苗やグッズ選びをしましょう。以下の6つあれば、苗1本を育てられますよ。

 

  • ■大きめのプランター(丸形の深鉢で10号が12号くらい)
  • ■園芸用の支柱(長さは150センチ、太さは1センチほど)
  • ■支柱ホルダー
  • ■ミニトマトの苗
  • ■野菜用の培養土(10号鉢で18リットル使用)
  • ■苗と支柱を結ぶ麻ヒモなど

 

子どもといっしょに、苗を植えましょう!

 

必要なものがそろったら、いよいよ苗を植えましょう。

 

  1. (1)鉢底に敷石を敷き、8分目くらい培養土を入れる
  2. (2)苗をビニールポットから出して、鉢の真ん中に植える
  3. (3)苗から1~2センチ離れた位置に支柱を指す
  4. (4)支柱と苗をヒモで緩めに結ぶ
  5. (5)鉢底から流れ出すくらい、お水をたっぷり与える


楽しい作業ですので、ぜひ子どもと一緒にチャレンジしてみてくださいね!


子どもと楽しく収穫しましょう!

ミニトマトのおいしい育て方のポイントは4つ!

  •  
  • ■日当たりの良い場所に置く
  • ■苗がある程度大きくなったら、わきから出てくる芽を取る「芽かき」をする
  • ■お水は、土の表面が乾いたら根元にたっぷりあげる
  • ■実がなりはじめたら、追肥をあげる

 

いちばんの注意ポイントは、水やりで、葉や実にはかけずに根元にかけることです。植えて30日くらいで実がなりますので、子どもといっしょに収穫してみてくださいね。

 

自分で植えて育てた野菜を収穫して食べる・・・。なんて贅沢で素敵なことでしょう。ミニトマトが苦手だったうちの息子も、自家製の取れたてを「おいしい~!」と言ってたくさん食べてくれましたよ。ぜひチャレンジしてみてくださいね!(TEXT:たまこ)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。