【ママの気持ち】母乳じゃないと本当にダメですか?

2016/08/07 09:00
カテゴリ│
コラム
中カテゴリ:

 

ここ最近「母乳、母乳」とよく言われるようになりました。確かに母乳はすごくいいもので、母乳で育てられるに越したことはないです。

 

でも、中にはこの母乳神話に苦しめられているママは多いのではないでしょうか?本当に母乳じゃなきゃダメですか?私の体験談をお伝えします。

 

出るか出ないか、やってみないとわからない

 

赤ちゃんが生まれるとママの体は母乳が出るモードになりますが、母乳は本当に人それぞれだと、3人出産した私はつくづく思います。というのも、私自身は2人目まではあふれるほど母乳が出る体質で、出すぎることで苦労していたママでした。

 

でも、3人目はミルクと混合。母乳が出なくなるなんて思いもせず、びっくりしました。3人目の子は、母乳を飲むのが下手で、軌道に乗るのも時間がかかったのだと思いますが、ここまで違うとは思ってもみませんでした。

 

努力は必要ですが、追い詰められないで

 

確かに母乳にはメリットがたくさんあります。マッサージや食べるものなどで、母乳の出がよくなることもあります。ママができる努力はたくさんあるのでしょう。

 

ですが「出ないもんは出ない」私はそう思います。体質というものもありますし、事情があって母乳が飲めない赤ちゃんもいるのです。

 

わが家の長女が病気でそうでした。なので「母乳」にとらわれすぎて、ママが追い詰められないでほしいなと私は思います。


大切なのは、目を見て授乳しているか

 

母乳かミルクかよりも一番大切なことは、授乳の時間を楽しめているかどうかだと私は思っています。片手にスマホをもって母乳をあげているママよりも、哺乳瓶で赤ちゃんを見つめながら授乳しているママのほうが何倍も素敵です。

 

毎日何度も来る授乳の時間、あわただしく感じることも多いと思いますが、母乳でもミルクでもその時間を楽しめるかどうか、それが大切なことだと思います。

 

母乳はとてもいいことですが、それよりも大切なことがたくさんあります。ミルクのメリットも理解し、ママと赤ちゃんにとっていちばんいい授乳方法で、授乳時間を楽しんでもらえたらと思います。(TEXT:mingo)


  • 1
  • 1
  • 1
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

コラムの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。

コラムに関するキーワード