【体験談】え?わが家で虐待!?児童相談所が来た話

2016/08/06 20:00
カテゴリ│
コラム
中カテゴリ:

 

わが家が引っ越しをして間もないころのできごとです。そのころ、末っ子の長男はまだ1歳くらい。お風呂が大嫌いで、毎回大泣きをしていました。


そんなある夏の日、突然「児童相談所」の訪問を受けてしまいました。そのときの体験談をご紹介します。

 

誤解の原因は子どもの「お風呂嫌い」

 

3歳くらいまで息子は「お風呂嫌い」でした。とくにシャンプーは大嫌いで、シャンプーハットをかぶっていても顔が濡れるのが怖かったのか、毎回かなり盛大に大泣きをしていました。


引っ越したばかりで、ご近所さんとはあいさつをする程度の間柄でしたが、顔を合わせたときには「いつも子どもが騒がしくてすみません」と声をかけていました。このときの言葉の足りなさが、児童虐待疑惑を生んだ原因だったのではないかと思います。

 

突然の「児童相談所訪問」にびっくり仰天!

 

不思議なもので、お風呂は嫌いでもプールは大好き。庭で息子をビニールプールに入れて遊ばせていたときです。「こんにちは」と庭先から声をかけられました。あいさつを返しながら見てみると、そこにはにこやかな笑顔を浮かべた中年の男女の姿が・・・。


「県の福祉事務所からきました」「福祉事務所・・・ですか?」男性の言葉に首をかしげていると、男性は衝撃のひと言を発しました。「はい。児童相談所です」と。


無用の誤解を避けるためにできること

 

児童相談所の方の説明では、「近所に毎日子どもが泣き叫んでいる家がある」と、いわゆる「虐待の通報」があって訪問されたのだとか。そのときの児童相談所の方がチェックされていたのは「子どもの体にケガやアザがないか」でした。


息子のお風呂嫌いのことを説明し、相談所の方が息子自身とも話をした結果、誤解だと分かっていただけて、ホッとひと安心。こういう誤解による通報も、けっこうあるとのお話でした。
 

誤解が解けて安堵する一方で、ご近所の方に、息子が毎日泣く原因を具体的に話しておけば無用な誤解は生まなかったと、自分の言葉の足りなさを反省するばかりです。ご近所との良好な関係を築くことの大切さを学んだ体験でした。(TEXT:たまこ)


  • 4
  • 20
  • 31
  • 12

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

コラムの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。

コラムに関するキーワード