どうやって搾乳して飲ませればいいの?保存方法は?

2016/08/02 13:00
カテゴリ│
コラム
中カテゴリ:

 

クックパッドベビーをご覧のみなさん、こんにちは!助産師のREIKOです。8月1日から7日までの1週間は、WHO/UNICEFが定めた「世界母乳週間」といわれています。ということで、今回は搾乳についてお話しします。

 

赤ちゃんがうまくおっぱいを吸ってくれない、乳首に傷ができて痛い・・・など、直接おっぱいを吸わせられないことがあるかと思います。そんなときは、おっぱいをしぼって飲ませてみましょう。

 

搾乳の方法はいろいろある!

おっぱいを直接吸ってもらえないときには、直接おっぱいを飲ませるのと同じような間隔で乳首のマッサージやおっぱいをしぼるようにしましょう。

 

乳首をマッサージすることでおっぱいが作られるようになり、作られたおっぱいを出すことで、またおっぱいが作られるようになってきます。

 

おっぱいをしぼる方法には、手でしぼる方法、搾乳器を使う方法があります。搾乳器には手動と電動があります。電動搾乳器の中には、赤ちゃんが直接おっぱいを吸っているような動きでおっぱいをしぼることができるものもあります。レンタルが可能なものもありますよ。

 

搾乳の保存方法は?

しぼった母乳の保存方法についてはガイドラインがあり、そちらを参考に各施設でしぼったおっぱいの取り扱いが決められているのではないかと思います。

 

ちなみに私が働いていた病院では、しぼったままの状態で常温保存(19~26℃)の場合は6時間以内、冷蔵庫(4℃以下)で5日以内、専用のパックや容器に入れて冷凍したものは3~6カ月以内となっていました。

 

早産で生まれるなどしてNICUに入院している赤ちゃんの場合は、もう少し保存期間が短くなっています。

 

しぼったおっぱいを飲ませるには?

しぼったおっぱいをすぐ飲ませる場合は、そのまま飲ませてかまいません。冷凍した母乳パックは、そのまま流水で解凍するのがいちばん望ましいとされています。急ぐ場合は30℃以下のお湯で解凍します。

 

解凍した母乳、冷蔵庫に入っていた母乳は、37℃以下の湯煎で人肌程度に温めてから赤ちゃんに飲ませましょう。

 

電子レンジなどで加熱すると、おっぱいに含まれる免疫物質が壊れてしまったり、やけどの危険があるのでおすすめできません。


 

しぼった母乳を飲ませてみよう!

生まれたばかりの赤ちゃんでも、スプーンやカップから飲むことができるんです。

赤ちゃんが起きているときに、ママのおひざに乗せて、少し縦抱きになるようにします。

 

おっぱいやミルクを入れたカップを赤ちゃんの下唇に乗せたら、カップのふちを赤ちゃんの上唇の外側に触れるようにします。赤ちゃんの唇にカップの中身が触れるくらいに少しずつ傾けていくと、赤ちゃんは自分で飲み始めますよ。

 

スプーンの場合は、赤ちゃんの舌の上にスプーンの下の部分をつけると、自分でちゅぱちゅぱし始めます。ママのおっぱいを直接吸うのがまだ上手にできない赤ちゃんは、カップやスプーンを使って飲む練習もしてみるといいですよ。

 

赤ちゃんに直接おっぱいを飲ませるのと同じ間隔でおっぱいをしぼるのも、慣れるまではなかなか重労働かもしれません。無理せず、ママなりのペースと自分に合った方法で挑戦してみてくださいね。(TEXT:助産師 REIKO)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

コラムの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。

コラムに関するキーワード