プレママ必見!油脂・塩分・糖質カットできる調理テク

2016/08/03 13:00
カテゴリ│
食・レシピ
中カテゴリ:

 

妊娠中に体重が増えすぎると、妊娠高血圧症候群などのリスクがアップ!しかも出産時にトラブルが発生する可能性もあります。

 

それを防ぐためにも、妊娠中の食事は油脂・塩分・糖分の摂りすぎないように、調理にはちょっとした工夫が必要です。今回は、簡単な調理テクニックと合わせてご紹介します。

 

上手に油脂をカットしよう!

油脂は、調理で使うバターや油のほかにも、肉や魚に含まれている脂肪分もあります。食材の選び方や下ごしらえ、さらには調理方法を変えることで、妊娠中の油脂の摂りすぎを防ぐことができますよ。

 

食材選びで油脂をカット

肉は脂質の少ない部位を選ぶこと。牛肉ならサーロインではなく、もも肉やヒレ肉のような赤身肉を。鶏肉は、ささみや皮を取り除いた胸肉を選びます。魚は、あじ・いわし・さんま・さばのような青魚を選ぶと、血中のコレステロール値を下げることができます。

下ごしらえで油脂をカット

肉についている脂身や鶏肉の皮は、調理の前に取り除きます。バラ肉のような脂肪の多い肉は、下ゆでをするとゆで汁の中に脂肪がとけ出します。

 

また、妊娠中は油を使う天ぷらやフライなどの揚げ物は、なるべく避けたいものです。どうしても食べたいときは、食材を大きめに切りましょう。フライや天ぷらよりも、唐揚げや素揚げのような衣の薄い揚げ物にすることで、吸油率を下げることができますよ。

調理法や調理器具で油脂をカット

油を使わない調理には、網焼き・蒸す・ゆでる・電子レンジ加熱もあります。肉などを炒めるときに使うフライパンも、フッ素樹脂加工のものに変えると、油の使用量を抑えることができておすすめです。

工夫次第で減塩もできる!

妊娠中は必要なエネルギー量が増えるため、食事量も多くなり、知らず知らずのうちに塩分も多く摂りがちです。塩分の摂りすぎは、むくみや妊娠高血圧症候群を引き起こす可能性も。

 

妊娠中に摂りたい1日の塩分量は、7.0gです。塩分は、調味料だけではなく食材にも含まれているため、いつもの食事よりも塩分を控えた味付けにしましょう。

 

だしを使って、塩分カット

塩分を減らしたいときは、だしを使うといいですよ。だし汁のうま味や風味を生かすことで、塩分が少なくても物足りなさを感じることはありません。

 

ただし、市販のだしの素には塩分が多く含まれています。できるだけ、こんぶやかつお節、にぼしのような天然の食材を使ってだしをとり、減塩しましょう。

 

酸味や香辛料で、塩分カット

味のアクセントになるレモンや酢などの酸味、こしょうやカレー粉などの香辛料を使えば、塩分が少なくてもおいしく食べることができます。また、しょうが・しそ・みょうがなどの香味野菜も、食材の風味を引き立てます。塩分を控えたいときに、上手に使いましょう。


 

糖分も上手にカットしよう!

砂糖が含まれている甘いお菓子や清涼飲料水も、摂りすぎると体重増加につながります。また、生の果物のほかにも、ドライフルーツや果物の缶詰にも糖分が多く含まれています。食べ過ぎに注意しましょうね。

 

お菓子の食べ方を変え、糖分カット

スナック菓子などは買い置きせず、食べたくなったときに買い物に行きましょう。お菓子は小分けされた小袋タイプのものを買うと、食べ過ぎを防ぐことができます。

 

手作りおやつで、糖分コントロール

おやつを手作りすることで、自分で砂糖の量を調整することができます。甘さ控えめの手作りおやつ、この機会にチャレンジしてみてくださいね。

 

 

油脂・塩分・糖分の摂りすぎを防ぐための調理テクニックいかがでしたか?こんぶやかつお節を使っただしのとり方がわかると、出産後の離乳食づくりでも役立ちます。体調のいいときに多めにだし汁を作れば、冷凍庫で保存することもできます。みそ汁のほかにも、いろいろな料理に毎日使うことで、無理なく塩分を減らすことができますよ。

 


著者:管理栄養士 富田チヤコ

管理栄養士で一男一女の母。大学卒業後、専業主婦時代に離乳食作りから食の重要性に気付き、管理栄養士・フードコーディネーター・消費生活コンサルタントの資格を取得。書籍や女性誌の栄養監修など、主に健康と食のジャンルを中心にフードライターとして活動中。


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。