プールは何歳から楽しめる?余裕を持って楽しむには

2016/08/13 08:00
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:

 

夏は子どもを連れてプールへ出かける家庭も多いですよね。プールは子どもの水に対する恐怖感がを解消されるなど、メリットがたくさんあります。

 

お風呂嫌いな子どもが、嫌がらなくなったというケースも!そんなプールは何歳からできるのか、行くときに心がけたいことなどをまとめました。

 

プールデビューは自宅で!

 

水遊びはおすわりが上手になってくるころから楽しめます。まずは自宅プールでデビューをするのがおすすめですよ。

 

ビニールプールに赤ちゃんの太もも半分程度の水を張り、2時間程度放置します。すぐに入ると冷たすぎるので、水温は24℃以上が理想です。

 

低月齢の赤ちゃんはまだ体力がないので、20分ほどしたら切り上げましょう。赤ちゃんが遊んでいるときは絶対に目を離さないように!

参考:赤ちゃんとプール、いつから入れる?なにを着せればいい?

 

公共施設などのプールへ行くときの注意点

 

基本的にはおむつが取れてから公共施設やホテルのプールを利用します。施設によっては、水遊びパンツを着用すればプールを利用できるところもありますよ。実際に行って門前払いを食らわないよう、事前に施設情報を確認しておきましょう!

 

また、食べ物の持ち込みがOKかも確認しておくと、荷物の準備がしやすいですよ。ロッカーに入れるものとプールサイドに持って行く荷物をあらかじめ分けておくとスムーズです。


もたつく着替えを解消するために!

 

もたつきやすいのが遊び終ったあとの着替え。自分と子どもの着替えも行わなければなりません。わが家では、あらかじめ子どもの着替えを入れたバッグをプールサイドに持って行きます。

 

施設によってはダメな場合もありますが、遊び終ったらレジャーシートの上で子どもの着替えをします。これでずいぶん気持ちに余裕が出ます。パパがいる場合は、私が子どもを見ている間に着替えを済ませてもらい、次に自分の着替えをしています。

 

真夏の紫外線にも気を付けたいですね。子どもは大人に比べて皮膚が薄く、バリア機能も弱いです。短時間でも紫外線による肌ダメージを受けてしまうので、帽子やラッシュガードなど日焼け対策も万全にしておきましょうね。(TEXT:みかん)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。