共働き夫婦は逆にキツイ!?産後に向けた貯金のすすめ

2016/08/11 21:00
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:

 

共働き夫婦では、産後しばらくママの収入がないことで家計が想像以上にキツくなることも・・・。

 

まずは、妊娠中からパパの収入のみでやりくりする方法をマスターすることが大切です。ママの収入はまるまる貯金に当てることで、産後、経済的にも精神的にも楽になりますよ。

 

デスクワークなら臨月前まで働けることも!

 

体を動かす仕事は、妊婦さんには負担が大きいので、デスクワークなどに配置換えをお願いしたほうが賢明です。おなかの赤ちゃんを守れるのはママだけです。デスクワークなら、体調がよく妊婦検診で問題がなければ、臨月前まで働く方も多くいます。

 

妊娠は病気ではなく「自然なこと」なので、私自身は家でじっとしているよりも、働いている方が体力が維持でき、貯金もできて一石二鳥です。ただ、無理は厳禁!自分の体とよく相談してくださいね。

 

「いくら貯める!」と夫婦で目標を立てる

 

具体的な目標があった方が貯金はしやすいです。しかも、「産休に入るまで」という期間限定なので「〇〇円貯める!」という目標があれば、ちゃんと貯まります。

 

また、人は数字を目標にすると具体的なイメージが湧き、その数字を伸ばそうとする傾向があります。ダイエットで体重が落ちていくと楽しくなってくるあの感覚ですね。

 

あまり生活自体をカツカツにすると心に余裕がなくなりますので、各ご家庭のさじ加減で金額を設定し、貯金にトライしてみてくださいね。


可能ならママの収入はすべて貯金に回す!

 

産休前までに、パパの収入だけで生活する術をマスターしましょう!とくに共働き夫婦は、ダブルインカムのため、家計管理がざっくりしている傾向も・・・。

 

妊娠は家計を見直す絶好のチャンス!できれば会計は一元化し、生活に必要なお金、夫婦がお互いに自由に使えるお金、貯金に回すお金の切り分けを行いましょう。可能ならママの収入のすべて、難しい場合は7~8割は貯金に回すようにすれば100万円単位で貯められます。

 

とりあえずの目標、産後貯金をクリアしたあとも、生活費、教育費、娯楽費、住宅ローン、老後資金、保険、税金、貯金・・・と、生きている限りお金の問題はついてまわります。妊娠をきっかけに、夫婦でオープンにお金のことをよく話し合ってみましょうね。(TEXT:m.k.)


  • 3
  • 1
  • 2
  • 3

既にクリックしています。

  • 一人の給料じゃマイナスです

    2016/08/12 17:42

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。