怒涛の予防接種が開始!スケジュール管理どうする?

2016/08/12 13:00
カテゴリ│
コラム
中カテゴリ:

 

生後2カ月を過ぎたころから怒涛のように始まる予防接種。任意も含めると「こんなにあるの?」と驚くほどたくさんあり、どうやってスケジュールを組めばいいのか分からなくなりますよね?

 

そこで今回は、実際に私がどのように予防接種のスケジュール管理したかをお話しします。

 

まず決めたいのが任意予防接種!

 

予防接種には接種が定められている定期接種と、受けるかどうか個人で判断する任意接種があります。この任意接種を受けるか受けないかで、ほかの予防接種のスケジュールも変わってきますので、あらかじめ決めておくといいと思います。

 

うちの子は、任意もすべて接種することにしていますが、任意接種は自己負担なので注意が必要です。また、昨年は任意だったけれども今年から定期に変わった、ということもあり得ますので最新の情報を得ておくことも重要ですよ。

 

便利なスケジュールアプリを活用!

 

私は予防接種のスケジュールを管理してくれるスマホアプリを活用しています。子どもの生年月日を入力し、今月接種可能なワクチンを定期と任意のマーク付きで一覧で表示してくれたり、予定日を入力しておくと前日などに通知してくれる機能もあります。

 

病院で受診表を記載するとき、前回の接種日を記入する欄がありますが、接種日もアプリに入力できるので便利です。


看護師さんと相談して決める!

 

私の場合、最初に受ける予防接種は自分で決め、それ以降もアプリや児童館で知り合ったママさん達に相談していましたが、それでも漏れがあるのではと心配でした。

 

そこで、プロに聞くのがいちばんだと思い、毎回予防接種を受けたあとは、看護師さんに「次の予防接種なんですが・・・」と何を受けたらいいかアドバイスをもらっていました。どの看護師さんも熟知していて、母子手帳を確認しながらとても丁寧に教えてくれました。

 

子どもは大きくなるに連れて母親からもらった免疫が減り、さまざまな病気にかかりやすくなります。そうなると立てていた予防接種のスケジュールがどんどんずれていってしまうので、工夫して段取りよく進めたいですね。(TEXT:まかおり)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

コラムの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。

コラムに関するキーワード