職場初の妊婦!産休・育休前にやるべきことは?私の出産前エピソード

2016/10/21 14:00
私の職場のエピソードとあわせて、産休・育休に入るまでにやっておいたほうがいいことをご紹介します。産後に職場復帰するならまずはその意思表示、産休に入る日と産後の職場復帰の日程について事前に話し合いましょう。会社で制度があまり整っていないのなら、受け身ではなく積極的に情報を集め、自分から希望を伝えていくことが大切ですね。

 

もともと女性社員の少ない職場だったので、私が妊婦第1号。そのせいもあってか、総務担当よりも自分の方が産休・育休に関連する法律に詳しくなるほどでした。

 

そこで今回は、私の職場のエピソードとあわせて、産休・育休に入るまでにやっておいたほうがいいことをご紹介します。

 

産後に復帰するなら、まずはその意思表示を!

 

私は自分の中で、産後に職場復帰するのが当然と妊娠する前から考えていて、入社時にも会社に伝えていたので、改めて言う必要はないと思い込んでいました。

 

しかし、社長は社会保険労務士を招き、改まった場を設けて、その意思を確認されました。たしかに、まずは職場復帰をするという大前提がないと会社は動けません。妊娠を報告する際に、職場復帰をするかどうか、きちんと意志を伝えましょうね。

 

産休に入る日を決めよう!

 

産休・育休制度、もらえるお金などについては私も会社も同程度の知識しかなく、探り探りで話し合いを進めていきました。

 

話し合いの前には、あらかじめ自分で産前休業・育児休業として認められる期間やもらえるお金などを調べ、「私としては○月○日から休業に入る予定です」と意志を伝えました。もし会社からも要望があれば、話し合って考慮するつもりでいました。

 


 

産後の職場復帰について話し合おう!

産後の職場復帰、つまり育児休業をいつまでに設定するかについても同様です。私の職場の方は「まだまだ先だから」と育児休業に関してはちょっと甘いスタンスでした。私の場合は、通常は最長とされる「1歳の誕生日の前日まで」と自分から伝えることに。結果的には、保育園との兼ね合いでそれより早く復帰したのでした。

 

会社で制度がすでに整っていれば、あまり自分が考えて動かなくてもいいかもしれません。しかし、私の職場のようにそうでない場合もあります。そんなときは、受け身ではなく積極的に情報を集め、自分から希望を伝えていくことが大切ですね。(TEXT:まかおり)

 


  • 1
  • 0
  • 0
  • 1

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

制度・支援の新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。