ママの出産体験記【1】 え!?これって陣痛なの!?

2016/08/19 18:00
「あれ?始まってたの?」と思ってしまったくらい、さりげな~く始まっていた陣痛。こんな状態で入院していいのかな?と思いながら入院するまでの様子をお伝えします。妊娠39週、いつも通りに9時からの健診に行く準備をしていました。そのとき、おなかにぎゅーっと力が入る感覚が。NSTの結果、陣痛が始まっているとのこと。一旦帰宅して家事とランチを済ませ、夕方に入院しました。NSTのおかげで早いうちに陣痛の始まりに気づき、ゆっくり入院する流れになりました。「おなかが張る」という感覚があまりよくわかっていなかった私。NSTのおかげで早いうちに陣痛の始まりに気付き、ゆっくり入院する流れになりました。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
出産

 

「出産=痛い&苦しい」のを覚悟していたはずの私が、「あれ?始まってたの?」と思ってしまったくらい、さりげな~く始まっていた陣痛。

 

自分が痛みに鈍いと初めて自覚したのが初産のときでした。こんな状態で入院していいのかな?と思いながら、私が入院するまでの様子をお伝えします。

 

いつも通りの朝に・・・

妊娠39週になろうというある日。いつも通りに目覚めて洗濯をして、朝食を済ませてから9時からの健診に行く準備をしていました。

 

時々気になるおなかの張りらしき違和感。これまでの妊娠期間中に「おなかが張る」という感覚なく、臨月に入っていた私。いわゆる「つっぱる」という感覚よりは、ぎゅーっと力が入る感覚を、時々感じていました。

 

38週6日、いつもの妊婦健診に・・・

臨月に入り、週1回の妊婦健診3回目。いつも通りに問診と内診、そしてNSTを受けました。NSTとは、おなかに巻きつけた器具から、胎児の心拍とおなかの張りを記録しながら観察すること。

 

リクライニングソファに座って、しばらくのんびりタイム。前回まではNSTが終わると再度問診して、ではまた来週!という感じでしたが今回は違いました。


 

まさかの「入院のすすめ」!?

NSTの結果、陣痛が始まっているとのことでした。「このまま入院してもいいし、出直してもいいですよ」と言われ、「えっ?!陣痛が始まってるってことはもうすぐ生まれる?!」と、こんな程度で陣痛が始まっているなんて半信半疑でした。

 

そのときは入院の準備を持ち合わせていなかったため、出直すことに。一旦帰宅して家事とランチを済ませ、荷物を持って夕方に入院しました。

 

「おなかが張る」という感覚があまりよくわかっていなかった私。NSTのおかげで早いうちに陣痛の始まりに気付き、ゆっくり入院する流れになりました。次回は、私が入院してからのお話をお伝えします。(TEXT:あきひめいちご)


  • 2
  • 1
  • 1
  • 1

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。