【体験談】息子は極度のインドア派!どうしよう?

2016/08/14 20:00
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:

 

わが家の息子は、思いっきりインドア派でした。保育園のない週末は「お家でまったりしたい」と外出を渋り、やっと公園に外出してもすぐに帰りたがる子どもでした。

 

そんな息子に外の世界にもっと興味をもってほしくて、集めたアイテムや実践したことをご紹介します!

 

植物の観察に「虫眼鏡」

 

公園に出かけても、子どもたちに人気の遊具のそばにはあまり寄って行かない息子用に、葉っぱや植物を観察するための虫眼鏡を用意しました。この作戦は成功し、花のめしべや公園の土などを見るのが好きになりました。

 

大きくなってからも観察という行動が好きで、顕微鏡を買うこと!虫眼鏡を使うときには、太陽を覗き込まないように子どもに話して聞かせ、見守ることも大切ですね。

 

アンパンマンのゴルフセット!

 

ゴルフセットは、公園にも行きたがらないときに、アパートの空き地で遊ぶために購入しました。部屋の中でのボール遊びを禁止していたため、外で遊ぶのに丁度いいおもちゃでした。

 

ゴルフボールは小さいものなので、上手に打つためにはそれなりに集中して打たなければいけないのが逆によかったです。徐々にゴルフボールでは満足できなくなって、もっと大きなボールを公園で遊びたいと思うように促したこともありました。


ひたすら昆虫採集!

 

カブトムシ、バッタ、鈴虫、コオロギ、ザリガニなどなど、捕まえたものは必ずといっていいほど飼うことになっていました。エサは何を食べるのか、オスとメスはどこが違うのかなど、調べたりするのも家族のコミュニケーションの話題の中心になっていました。

 

セミを大量に見つけたときには、息子だけじゃなくて私までテンションが上がってしまったのもいい思い出です。

 

私はやったことがなかった昆虫採集は、私にとっても興味深く、いいリフレッシュになりました。わが家の息子は、一緒に楽しんでいるうちに、自分からも興味をもって外に出て遊んでくれるようになったのでよかったです。(TEXT:ゆうこ)


  • 2
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。