【妊娠・出産のQ&A】妊娠中にマイコプラズマ肺炎にかかってしまいました

2015/11/05 14:00
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:

妊娠中に病気にかかってしまったとき、母体を考え薬を飲んだ方がいいのでしょうか、それとも、赤ちゃんのことを考え自然治癒をめざした方がいいのでしょうか。
 
 

Q:妊娠中にマイコプラズマ肺炎にかかってしまいました

 

明日から24週になる初妊婦です。

2週間前にマイコプラズマ肺炎と診断されました。

咳止めの薬をもらったのですが、胎児への影響が怖かったので飲みませんでした。

自然治癒を望んでいたのですが、咳が一向によくならないので、再度受診し、ホフバン錠10mg分3で5日分、処方してもらいました。

胎児には影響ないのでしょうか。

咳をして、下腹部も張ってきいます。そちらの方が胎児へ悪い影響がありますか?

 

薬を飲んで治した方がいいのか、自然治癒をめざすべきなのか悩んでいます。

 

 

A:マイコプラズマ肺炎に対する根本的な治療は必要です

 

マイコプラズマ肺炎は市中感染といい、健常人がよくなる肺炎の1つです。妊娠中、胎児を守るため母体の免疫機能が変化します。

特に細菌に対する免疫は低下するので注意が必要です。結論からするとマイコプラズマ肺炎に対する根本的な治療は必要です。

そのためマクロライド系の抗生物質を使用してもらうといいでしょう。全く影響がないとは言いませんが適切な量の内服で胎児への影響はあまり考える必要はないと思います。

 

 

 

みなさんからの妊娠・出産・育児に関するご質問を待っています。「専門家の意見が聞きたい!」という人は是非ご投稿ください。

 

 

もっとQ&Aが見たい人はこちらへ>

Q&Aの投稿はこちらへ>

 

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。