【体験談】ぐんぐん育ったわが子!でもほかの子とは違った悩みも・・・

2016/09/20 13:00
息子の出生体重は標準でしたが、1カ月健診では周りの子と比べて大きくびっくり!3カ月健診では、体が大きく筋肉がつくまでほかの子よりも時間がかかるので、運動発達はゆっくりだと言われました。周りの子とは悩みが違ってきたり共感してもらえなかったりと、不安に感じることもありましたが、今は成長曲線内におさまっています。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
育児
体験談
発達

 

息子は出生体重3,110gと標準でしたが、その後ぐんぐん育ち、同月齢の子に比べて2回りほど大きく、重くなりました。

 

そうなると、逆に周りの子とは悩みが違ってきたり、共感してもらえなかったりと、不安に感じることもありました。1歳までどんなふうに成長したのか、わが子の子育て体験談をお話しします。

 

1カ月健診のときは・・・

 

出産してから退院後、実家に里帰りをして1カ月健診まではおっぱいをあげるので必死でした。とくに体重を気にすることもなく、とにかく毎日おっぱいを上げていた記憶があります。

 

そして、不安に思いつつも1カ月健診に行ったところ、周りの子と比べてびっくりするくらい大きかったのです。ちなみに体重は4,700gでした。先生には褒められ、ほかにとくに何も言われることもなかったので、授乳は今まで通り行いました。

 

3カ月健診のときは・・・

 

3カ月健診のときに言われたことは、カウプ指数が高めだということでした。息子は完全母乳のため、あまり問題はなかったのですが、ミルクをあげている場合には注意が必要なのだそうです。離乳食になったら気を付けてくださいとも言われました。

 

また、体が大きいので、運動面の発達に必要な筋肉がつくまでほかの子よりも時間がかかるので、運動の発達はゆっくりめだと思ってくださいとも言われました。実際、ずりばいの期間が長く、ハイハイはなかなかしませんでした。

 


1歳の誕生日までは・・・

 

6カ月のころには体重も10kgを超え、抱っこひもで1時間ほど抱っこするだけで、腰が痛くなりました。そして、もとからある腱鞘炎は悪化してしまいました。

 

また、眠って抱っこからおろすと起きてしまう”背中スイッチ”が敏感だったため、授乳は背もたれがしっかりしている座椅子が役に立ちました。がんばれば抱っこしたまま立つこともできたのでとても便利でした。1歳のころには12kgを超え、大きいせいか、つかまり立ちがやっとで歩き始めは1歳3カ月でした。

 

月齢が大きく見られてしまうので、親として少し心が傷付く場面もありました。2歳8カ月の今は成長曲線内におさまっています。2歳になっても抱っこが大好きなので、そのおかげで筋力が付きました。そして腰をいたわる生活が続いています。(TEXT:じむこ)

 


  • 0
  • 0
  • 1
  • 1

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。