好き嫌いをなくそう!子どもと一緒に家庭菜園!

2016/08/14 13:00
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:

 

1歳をすぎ、離乳食が終わると食べムラや好き嫌いが出てくる子が多いと思います。わが家の娘は好き嫌いが少ない方ではありましたが、やはり苦手なものが出てきました。


そこでわが家では、娘は好き嫌い克服のために、子どもたちと家庭菜園を始めることにしました!

 

育つ楽しさをイチから楽しもう!

 

1歳が過ぎて、自我が出てくると食事の悩みも多くなりますよね。食べムラがあったり、好き嫌いが出てきたり。とくに野菜は子どもが苦手なものも多いのではないでしょうか?

 

そこで、わが家では家庭菜園を活用しています。子どもたちと種や苗を植えるところから一緒に行っています。

 

最初はわかっていなかった三女も、2歳近くなるとだいぶ理解しているようで、大きくなっているものや、実がなっているものを自分から教えてくれるようになりました!

 

収穫は宝探しみたい!

 

野菜の花や小さな実はスーパーでは見ることができません。毎日お世話をして、「野菜の赤ちゃん大きくなったー!」と一緒によろこぶと、子どもはとても楽しいようです。

 

そしていよいよ収穫のとき、わが家では宝探しのようです!その場で食べられる野菜はその場で、調理するものはできるだけその日のうちに、「一緒に採った野菜だよ~!」と話をしながら必ず口にするようにしています。


苦手なものも少しずつ!

 

小さな子どもにとって、苦みのある野菜や食感が苦手なものはやはり食べにくいですよね。調理方法を工夫しても、なかなか難しいことも。


でも、「自分で育てたもの」というよろこびは2歳前の娘にもあるようで、今まで口に入れてもすぐに出していたピーマンなども少しずつ食べれるようになりました!
 

毎日パパに自慢気にアピールしていますよ。飲み込めないこともありますが、まずは少しずつ、口に入れるきっかけになるとうれしいですよね。

 

プランターなどで手軽に育てられるものも増えています。子どもが好きな野菜から、少し苦手なものまで、いろいろな種類を一緒に楽しんで育てましょう!土に触れ、育つ過程を見ることで、とてもいい経験になりますよ。(TEXT:mingo)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。