【体験談】いい経験に!支援センターや子育てサークル

2016/08/12 08:00
カテゴリ│
制度・支援
中カテゴリ:

 

子どもが1歳を過ぎて活発になってくると、ママと2人で家や公園で遊ぶだけだと、だんだん時間を持て余すようになってきますよね。


体力がついてくる子どもを思いっきり遊ばせたい!そんなとき地域の支援センターに出会い、そこで地域の子育てサークルにも出会いました。

 

まずは1度、行ってみよう!

 

私自身は、もともと子どもと2人きりが苦痛ではなく、家やその近所で過ごすことが多かったように思います。


娘が1歳を過ぎたころに引っ越しをしたので、地域の知り合いを少し増やしたいということと、娘も思い切り遊ばせたいという思いで、支援センターに行ってみることにしました。


最初は、入りにくかったらどうしようかと、なかなか踏み出せずにいたのですが、同じようなママが多いようで、先生方やほかのママたちがなごやかに迎え入れてくれました。

 

適度な距離は自分でとろう!

 

支援センターなどで難しいのが、ほかのママたちとの適度な距離。億劫に思う方も多いのではないでしょうか?私は「ママ友」という言葉を意識せず、話しかけられたら話すようにしていました。


その中で、自然と話しやすいママ、近くに住んでいるママなどがわかるので、そこから輪を広げていきました。
 

ママ友は、今までの友達関係とは違う関係かもしれませんが、私はお互いに気を使い合えたら、とてもいい仲間になると思っています。


子育てサークルも楽しい場所です!

 

わが家の地域には、ママたちが運営する子育てサークルもあります。同じ年代の地域の子が集まって遊ぶことができるので、子どもたちの成長を一緒に見ることもできて、週に1度の楽しみになっています。


中でも幼稚園前に集団で過ごす時間ができること、季節行事をイベントとして楽しめることがとてもいい経験になります。娘も私も、2人で家にいるときより友達が増えて、笑顔で過ごす時間も増えたように感じています!

 

最初は入りにくい支援センターも、行ってみると先生方がサポートしてくれて、情報交換ができたり、子どもが思いっきり遊べる時間にもなります。まずは1度参加してみてください!たくさん楽しい企画もあって、親子ともどもとてもいい経験になりますよ!(TEXT:mingo)


  • 0
  • 2
  • 1
  • 3

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

制度・支援の新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。