つわりがひどすぎるママへ!おすすめの対処法と過ごし方

2016/08/24 09:00
”つわりは病気じゃないから”とよく言いますが、病的な嘔吐に悩まされ続けた妊婦生活でした。どうしようもないときにはかかりつけの産院に行きましょう。尿検査でケトン体反応が多く出るとお医者さんは点滴をしてくれます。つわり対策グッズとしては乗り物酔いにも効くという腕のツボを刺激するアームバンドがおすすめ。同じ経験をしたママの工夫も取り入れながら出産までがんばりましょうね。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
つわり
妊娠の悩み
体験談

 

私は3人の子を出産しましたが、3回とも妊娠2カ月ぐらいから出産する直前まで吐いていました。

 

”つわりは病気じゃないから”とよく言いますが、病的な嘔吐に悩まされ続けた妊婦生活。吐きずぎて出産後すぐに胃カメラの検査をしましたが、食道裂孔ヘルニアになっていました。

 

ガマンはそこそこ、無理だったら病院へ!

 

つわりがひどすぎると、食べ物だけでなく飲み物もとれなくなってきます。フラフラでどうしようもないときには、かかりつけの産院に相談しましょう。定期健診まで待たなくてもいいと私は思います。

 

病院に行くと毎回尿検査をしますよね。つわりがひどすぎると尿検査でケトン体反応が出ます。これは体が飢餓状態や脱水状態のときに出る反応ですので、ケトン体が多く出たときはお医者さんが点滴をしてくれます。点滴をすると体が少し楽になります。

 

ひたすらそのときが過ぎるのを待つ!

 

つわりは永遠に続くのかと思うほどつらいものですが、必ず終わりが来ます。無理して食べて吐くぐらいなら、少量でも食べられるときに食べられれば十分だと私は思います。

 

「こんなに食べられないと赤ちゃんが心配だ」と思うかもしれませんが、つわりの食欲不振ぐらいでは赤ちゃんに影響はないそうです。

 

食べ物を見たくなければ意識をほかに向け、気分転換に何かに没頭するのもおすすめです。私は何千ピースも使うレゴの大作を作りましたよ。


多少偏っていても食べられるものを

 

私の場合、空腹でも食べても気持ちが悪かったので、口の中にガムをずっと入れていた時期もありました。レモンのかき氷やゼリーなどは、たとえ吐いてしまった場合も楽に吐けるのでよく食べていました。逆に、調子に乗って肉や生野菜をとると、まったく消化ができないままよく吐いたものでした。

 

つわり対策グッズとしては、乗り物酔いにも効くという腕のツボを刺激するアームバンドがおすすめです。横になると気持ちが悪くなることが多かったので、上半身を高くして寝たりしていました。

 

つわりは出産と同様、個人差があるかもしれませんが、同じような症状の人がどんなものなら食べられた、どんなことをすると楽だったという体験談は励みになるものですよね。同じ経験をしたママの工夫も取り入れながら出産までがんばりましょうね。(TEXT:mamioke)


  • 1
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。