ママ&ベビーも笑顔で楽しめるベビーパーティのコツ

2016/08/12 12:00
カテゴリ│
イベント
中カテゴリ:

 

こんにちは!バースデープランナー協会の吉田采都子です。ハーフバースデーパーティや1歳バースデーパーティが盛り上がってきていて、ベビー連れでパーティを楽しむことが増えています。

 

ベビー主役のパーティでも、会話を楽しんだり笑顔で楽しい時間をすごしたいですよね。ちょっとした心がけでパーティ時間を充実したものにできます。今日は、そんなパーティを楽しめるママのちょっとしたコツをご案内いたします。

 

パーティ会場へもベビーへ気配りを忘れずに

ベビーちゃんの場合、会場になじむまで時間がかかります。いつものおうちと違う場所へ連れていかれて、いつもより騒がしく落ち着かない雰囲気。ママは自分に集中してくれない・・・・・・と、これだけでもぐずりたくなる要素満載なのです。

 

会場へ到着したとたん、お友達ママと挨拶や会話がはじまりいきなり騒がしい雰囲気でママは目もあわせてくれない…このポイントだけでかなり赤ちゃんは不安になります。とりあえず赤ちゃんへの気配りも忘れないように、目をあわせたり声をかけたり気にかけましょう。

 

お腹をすかせないように

まず、会場へ到着するタイミングで授乳やミルクで満足できている状態にしてあげるとぐずり度がさがります。おむつ替えもしかり。会場へ到着して早々授乳やおむつ替えは言い出しにくいもの。

 

ベビー連れのゲストが到着したら授乳やおむつ替えの場所を案内いたしましょう。おむつの状態がベストなだけで赤ちゃんのぐずり度レベルは下がります。

 


 

ちょっとした空腹を満たすものを用意する

パーティ空間は、ベビーにとって刺激的でたくさん頭を使います。たくさんの人と会うのことは、ベビーにとってとても体力を使うことなのです。そしてお腹が減るとどうしてもぐずってきてしまいます。いつもの空腹タイミングよりも早いので、お腹がすいてると気づかず『なんで機嫌が悪いのかな』と思うママも多いのですが、大抵は刺激がいっぱいで、体力、気力を使いお腹をすかしてぐずっているケースがほとんどです。

 

そんな場合にちょっとした空腹を満たすベビーせんべいやボーロなどを携帯しておくとベスト。外出してパーティの時は食事の合間に携帯フードくらいがちょうどよいくらいです。

 

寝転がって楽しめるスペースで赤ちゃんを楽しませる

ベビーがゆったり寝転がれる空間を作りましょう。そしてパーティを楽しむ前に、まずは手遊びうたなどでママが赤ちゃんを楽しませてあげます。ちょっと薄着にして、手足を伸ばしたり、くすぐったり笑いかけてあげたり。たったこれだけで赤ちゃんはぐっとご機嫌になってくれます。

 

 

 

いかがでしたか?

パーティ開催のちょっとした心がけ、ひと工夫で赤ちゃんのご機嫌が劇的に変化します。ベビーもママも楽しめる時間を作るためのひと工夫。ぜひとも心がけてみてくださいね。

 


2013年パーティグッズ販売サイトBirthdaybankを立ち上げる。お部屋の飾り方やパーティのプランニングの方法を体系化し、日本バースデープランナー協会を立ち上げる。私らしく働く理想のスタイルを追い求め、バースデープランナー資格プログラムを開発。プランナー育成、レッスン開発に飛び回っています。


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

イベントの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。