経産婦の出産体験談【2】やっぱり経産婦は強い!次女誕生まで

2016/09/24 17:00
やっと入院したものの「もう少し進むのを待ちましょう」と部屋へ。まだまだ冷静でいられる余裕の経産婦。そして入院から3時間が経ったころ、ついに限界がきました。分娩室に移動し、いよいよ最終ファイト直前、経産婦とはいえ余裕がなくなってきて「あー出産ってこんな感じだった・・・」と忘れていた前回の出産のことを思い出していました。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
出産
陣痛

 

20分間隔の弱い痛みから気付いたものの、なかなか進まなかった陣痛。30時間経ってやっと痛みも出てきて間隔も10分を切り、いざ入院したところまで前回はお話ししました。

経産婦の出産体験談【1】を読む 

今回は、入院してからの様子をお伝えします。

 

入院=分娩室(LDR)ではなく

やっと入院したものの、「もう少し進むのを待ちましょう」と分娩室ではなく部屋に案内されました。前回と同じ産院なので、2回目特典で部屋タイプがアップグレードになり、いちばん大きい部屋に。

 

内装を見て楽しむ余裕の経産婦。キングサイズのベッドでは夫が爆睡していて、思わず「おいおい」と心の中でつっこんでしまいました。

 

産院に電話したとき、10分だった間隔ももう少し短くなってきていましたが、子宮口がまだ開いていないため部屋待機の指示。まだまだ冷静でいられる余裕の経産婦でした。

 

もう限界!!

「その言い方はちょっと・・・」と思いましたが、「経産婦さんはうんちが出そうな感じになったら連絡して」と指示を受けていたので、とにかく痛みに耐える、耐える、耐える。

 

前回の出産のときの、”痛みがきつくなる度に内診室へ行ったけれど、子宮口が開いておらず部屋に戻る”という経験から、とにかく「まだだ、こんなもんでは分娩室へ入れてもらえない」と自分に言い聞かせていました。

 

そして入院から3時間が経ったころ、ついに限界がきました。

 


 

 

いざ分娩室(LDR)へ!

「結局のところ人間も動物なんだなー」なんてことを思いながら、分娩室へ向かうと、すぐさま分娩台へ上がるように言われました。とにかくもう痛みがキツイ状態なので、台に上がろうにも脚が上げられず、やっとの思いで上がりました。

 

いろいろと指示が出るのですが、いよいよ最終ファイト直前、経産婦とはいえ余裕がなくなってきて「あー出産ってこんな感じだった・・・」と忘れていた前回の出産のことを思い出していました。

 

やっとの思いで分娩台へ上がってから2時間。次女が元気に産声をあげました。長女のときは分娩台に上がってから5時間くらいかかったので、陣痛の痛みによく限界まで耐えたと自画自賛してしまいました!(TEXT:あきひめいちご)

 


  • 1
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。