【ママの節約術】捨てないで!紙ごみを商品券に変える方法

2016/08/23 20:00
スーパーなどで、いまや全国展開される古紙リサイクルステーション。古紙1kgで1ポイント加算され、500ポイントで500円分の商品券が受け取れるケースが多いようです。古新聞やチラシ、古雑誌、段ボール、紙パック類、トイレットペーパーの芯など細々した紙類も持ち込みOK。早くポイントを貯めたい場合は祖父母やきょうだい、気の知れた友達の紙ごみも回収しちゃいましょう。環境と財布にやさしいエコリサイクル!ぜひ始めてみませんか?
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
工夫
節約

 

何気なく捨てている紙ごみですが、古紙リサイクルステーションに持っていくだけで商品券に変えられる方法をご存じですか?節約を意識したい方にとって、こういったサービスは見逃せませんね。

 

そこで今回は、古紙リサイクルステーションの概要やメリットについてまとめました。

 

全国で展開!古紙リサイクルステーション

 

いまや全国展開される古紙リサイクルステーション。古紙を扱う企業によってサービスは異なりますが、古紙1kgで1ポイント加算され、500ポイントで500円分の商品券が受け取れるケースが多いようです。

 

最寄りのスーパーなどで実施されていることが多く、1度は目にしたことがあるかもしれません。たとえば、ヤオコーやイオン、天満屋などでも古紙リサイクルステーションを設置している店舗がありますよ。

 

持ち込み可能な紙ごみって?

 

私が知るステーションでは、古新聞やチラシ、古雑誌、段ボール、紙パック類。また、封筒やハガキ、トイレットペーパーの芯など細々した紙類も持ち込みOKです。

 

出し方は紐でしばって出すか、大きな紙袋に入れて出します。子どもがいると、おもちゃの箱や雑誌などを集めれば案外紙ごみが出るはず。

 

私は家で、あらかじめ大きな紙袋を設置し紙ごみを投入しています。たまったら、そのまま持って行けばいいので紐でしばる手間もなし!


ポイントを早く貯めるには?

 

実際に家庭のゴミを持参しても、商品券を受け取る道は険しいもの。新聞を取っている場合も、1カ月あたりおよそ10kg超しかありません。計算すると何年後?ってなりますよね。

 

早くポイントを貯めたい場合は祖父母やきょうだい、気の知れた友達の紙ごみも回収しちゃいましょう。回収される側も捨てる手間が省けるのでよろこぶはずですよ。買い物ついでに紙ごみを持って行ける場所だと、なお便利ですね。

 

紙ごみを捨てる場所を変えるだけでメリットがあると思うと、節約主婦が行わないわけにはいきませんね。たとえ商品券までの道のりが長くても、何もないよりマシです。環境と財布にやさしいエコリサイクル!ぜひ始めてみませんか?(TEXT:田中由惟)


  • 6
  • 1
  • 2
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。