【体験談】食事だけでは改善しきれない妊娠中の貧血、どうしたらいい?

2016/09/20 14:00
妊娠中はママの血液が薄まった状態でママと赤ちゃん両方に栄養分を送らないといけないので、貧血になりやすくなります。私は鉄剤の服用と食事だけでは間に合わず、鉄剤注射も行いました。私のように、貧血にならないと思い込んでいる場合は要注意!妊娠前から鉄分豊富な食事を取り入れ、サプリメントを活用するなどの予防が大切です。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
妊娠
妊娠の悩み
体験談
貧血

 

ふだん貧血で悩むことのなかった私ですが、妊娠中は「貧血」になりました。鉄分豊富な食品を摂るように心がけましたが、思うように改善されません。

 

そこで今回は、妊娠中に貧血になりやすい理由や貧血が母体に与える影響、貧血対策についてまとめました。

 

必読!妊娠中に貧血になりやすい理由とは

 

妊娠をすると、優先的に赤ちゃんへ栄養分を届けるようになります。妊娠中はママの血液量が増加しますが、赤血球が増えるわけではありません。血液が薄まった状態でママと赤ちゃん両方に栄養分を送らないといけないので、貧血になりやすくなるのだそうです。妊婦さんの約30~40%が鉄欠乏性の貧血になるデータもあります。

 

私は妊娠8カ月ごろに貧血になりましたが、ある程度の貧血は生理的貧血とみなされるようです。

参考:妊娠中の貧血はなぜ起こる?   

 

貧血が進むとどんな影響が出るの?

 

ママ自身の貧血症状は息切れや疲労感、めまいなどの症状が現れます。貧血が進むと赤ちゃんの発育に悪影響が出るほか、微弱陣痛が続くなど難産になりやすいので注意が必要です。

 

私は妊娠中に貧血と診断され、鉄剤の服用と食事で貧血改善を試みました。ところが、それだけでは間に合わず、鉄剤の注射を行うことに。初めて見る太い針に恐怖でした。冷たいと感じるほどの黒い鉄剤が注入されていくのを見て、気分が悪くなったことも。

 


どうすれば貧血にならないの?

 

妊娠前に貧血で悩む女性は、妊娠を望むころから栄養面に気を付ける方も多く、そのおかげか貧血がひどくならいこともあるのだそうです。

 

逆に私のように、貧血にならないと思い込んでいる場合は要注意です!妊娠前から鉄分豊富な食事を取り入れ、サプリメントを活用するなどの予防が大切です。2人目を妊娠したとき、妊娠前から食事と鉄分のサプリメントを摂取していました。1人目を妊娠したときに比べて貧血の度合いが軽くなりましたよ。

参考:妊娠中の貧血を予防する食事とは? 

 

とくに妊娠中の貧血は、食事だけでは間に合わないこともあります。改善するために、それなりの努力が必要です。また、たとえ完治するのが難しい貧血だとしても、少しでもいい状態に持っていくことを忘れずに!(TEXT:田中由惟)

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。