【嫁姑問題】同居中の義母とうまく付き合うために私が心がけていること

2016/09/18 21:00
義父母と離れているが故の礼儀や挨拶、同居しているが故の距離感や価値観の相違など多くの問題があります。義母との関係を築くには、主張することが大切。しかし、自分のことだけを考えていると、義母のプライドを傷付けることになります。周りの協力と思いやりも含めて、よりいい関係にしたいですね。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
嫁姑問題

 

嫁姑問題は、いつの時代も存在します。義父母と離れているが故の礼儀やあいさつ、同居しているが故の距離感や価値観の相違など多くの問題があります。

 

そんな中で、義父母と同居している私の体験から適度な距離感で過ごすために心がけていることをご紹介したいと思います。

 

始めましてから義母に遠慮はしない!

 

長い付き合いをしていくためには、少しの遠慮と適度な主張が必要だと思います。始めから義母に合わせすぎると、同居してからがとてもつらいです。私の場合は、結婚のあいさつのときには同居が決まっていたので、自分の考え方を事前に話しておきました。

 

同じ女同士なので理解できるところもありますが、合わないところはとことん合いません。そのため、無理に合わせるのではなく、共感するところは共感し、理解できないところは気にしないようにしています。

 

譲れないことは妥協しない!

 

義母とぶつかったときにジャッジを求められるのは、わが家では主人と子どもです。私が義母とよくぶつかっていたのは、子育てについて。孫に甘い義母をどう止めるか本当に苦労しました。何度かぶつかった中で、子育てについては義母が口出ししないように家族会議をして決めました。

 

妻として、そして母親として譲れないものは、きちんとルールを決めることで干渉するラインを明確にできました。

 


生活リズムにメリハリをつけよう!

 

義父母と自分たちの生活リズムのすべてを一緒にすると、どこまでも窮屈になります。初めは、リビングにいる時間や食事の時間などを合わせて常に一緒にいる状態でしたが、一緒に行うものと別に行うものをつくり、メリハリをつけることで、同居生活が楽になりました。

 

しかし、自分のことだけを考えてしまうと、義母にも立場や気持ちがあるので、お互いが無理のないように融通を利かせて毎日を過ごしています。

 

義母との関係を築くには、主張することが大切です。しかし、自分のことだけを考えていると、義母のプライドを傷付けることになります。程よい距離感のためには、時間と話し合いが必要でした。周りの協力と思いやりも含めて、よりいい関係にしたいですね。(TEXT:こみく)

 


  • 2
  • 0
  • 1
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。