【体験談】1歳3カ月、「子どもがまだ歩かない!」という悩みに思うこと

2016/08/31 19:00
わが家の双子は1歳を過ぎても歩きませんでした。周りには歩く子が増えてきて気持ちはあせるばかり。あるデータを見ると、1歳3カ月で徐々に歩き始めたわが家の双子は、やはり歩きだすのが少し遅いほうだったようです。赤ちゃんが安心して歩けるように環境を整えて、気長に成長を見守りながら「あんよデビュー」を迎えてあげてくださいね!
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
育児
育児の悩み
体験談

 

長女は1歳で歩き始めたので、それくらいには歩くものだと思っていた私でしたが、下の双子たちは1歳をすぎても歩かず、1歳3カ月になろうとしていました。

 

周りには歩く子が増えてきて気持ちはあせるばかり。同じような悩みをお持ちのママに子どもが歩く時期について思うことをお伝えしたいと思います。

 

そもそも「赤ちゃんがひとりで歩く」ということ

 

わが家の双子は、長女より運動能力が劣っているとか、歩き出す環境が整っていないとかそういったことはなかったように思います。歩かない悩みを、同じ双子を持つお母さんに話したら、その双子ちゃんは1歳3カ月を過ぎても歩かないということでした。

 

わが家は幸い、この話をした辺りから2人とも徐々に歩き始めました。偶然なのでしょうが、悩んだら抱え込まず、周りにその思いを吐き出すのもいいと思いますよ。

 

赤ちゃんの歩き始め、データで見る平均値は?

 

2人にひとりが「○○できた」時期をあるデータで見てみると、はいはいができた時期は7~8カ月、つかまり立ちができた時期は8~9カ月、ひとり歩きができた時期は1~1歳1カ月なんだとか。この時期を過ぎると8割以上の子が、それぞれできるようになっています。

 

このデータを見る限り、わが家の1歳3カ月の双子は、やはり歩きだすのが少し遅いほうだったようです。1歳4~5カ月付近でひとり歩きをしないからと気がかりなら、一度小児科の医師に相談してみるとママの気持ちも落ち着くかもしれません。


環境を整えて子どもの成長を待つ!

 

「みんなができて自分の子ができない」という状況は親としてはとても苦しいものです。しかし腰が座って、足に筋肉がしっかりとつかないと赤ちゃんは歩くことができません。

 

安全に歩けるスペースを作って、つたって歩けるものをおいておくと、足の成長を促すきっかけになります。わが家は寝室からリビングに、座椅子を倒れない角度をつけてつなぎ、伝い歩きの練習台にしていました。

 

わが家の双子がしりもちをついたり転んだりしながらバランス感覚を養い、徐々に足に筋肉をつけてやがて歩き始めたのが1歳3カ月でした。赤ちゃんが安心して歩けるように環境を整えてあげて、気長に成長を見守りながら「あんよデビュー」を迎えてあげてくださいね!(TEXT:楠田りら)


  • 0
  • 1
  • 4
  • 0

既にクリックしています。

  • え!?1歳6カ月までに歩けば「正常」ですよ?そのために市町村の健診が「1歳6カ月健診」なのです。
    だって“ふたりに一人ができる”だなんて、つまり“ふたりいればそのうち片方は少なくともまだできない”のだから「できなくても普通」ですよね。言葉の解釈の仕方、大丈夫ですか?
    医学的に言う「正常からの逸脱」は、「平均以下」ではありません。「100人いるうち90人ができている時期にまだできていない残りの10人」を「正常からの逸脱」と考えます。しかも双子なら小さく生まれたり早産で生まれたりするから他の子より遅くて当たり前。
    うちの子2人は、1歳4カ月と1歳2カ月で一人歩きしましたが、正しい知識を持っていたので全く心配しませんでした。一昔前は、兄弟も多く、核家族も少なく、小学校前の通園もなかったため、女性は自分の子育ての前にたくさんの子供の成長を目にすることができましたので子供それぞれに個性のある発達の時期があることを見てきていました。
    今どきのお母さん達はそれができないので不安がいっぱいでかわいそうです。世の中のお母さん達を焦らせるような間違った解釈の記事を書くのはやめましょう。
    赤ちゃん個々の筋肉と骨格の発達に合った、ふさわしい時期まで待って見守る気持ちが大事ですね。

    2016/11/16 22:26

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。