赤ちゃんの肌ケアにはどれがいいの?敏感肌用ボディクリームを選ぶコツ

2016/09/18 22:00
ママも使える敏感肌の赤ちゃんにおすすめのボディクリームをご紹介!塗りやすいのに塗ったあとのしっとり感が特徴なのがママ&キッズ ナチュラルマーククリーム、体のどこにでも使用できるところが特徴のワセリン、肌トラブルの際、病院で処方される保湿剤の1つ、ヒルドイドがあります。

 

赤ちゃんの肌は、大人と比べ薄く、とても繊細です。そんな赤ちゃんの敏感肌には、その子に合ったボディクリームを使いたい!

 

でも、何個も買って比べながら塗り続けるのは難しいですよね。そこで、ママも一緒に使えるおすすめのボディクリームをご紹介します。

 

妊娠線予防から妊娠後の敏感肌ケアもお任せ!

 

ママと赤ちゃんのどちらにも使用できるナチュラルサイエンスの「ママ&キッズ ナチュラルマーククリーム」。育児雑誌やネットの口コミで常に上位に入るボディクリームです。出産前の妊娠線予防から出産後の敏感肌のケアや赤ちゃんの保湿にも大活躍です。

 

高保湿なクリームですが、クリーム自体の伸びがよく、塗りやすいのに塗ったあとのしっとり感が特徴です。また、においもないので、赤ちゃんも嫌がらずにたっぷり塗ることができます。

 

敏感肌など家族みんなで使用できるワセリン

 

ワセリンは、体のどこにでも使用できるところが特徴!ユニリーバのワセリンは、無着色、無香料なので敏感肌な赤ちゃんやママにも安心して使用できます。

 

理化学研究所が2016年に発表した研究結果には、ワセリンを塗ることでアトピーの予防ができる可能性があると記されています。保湿だけでなく、アトピーが予防できたらとても頼もしいですね。


小児科医や皮膚科医も絶賛するヒルドイド

 

ヒルドイドは、肌トラブルの際、病院で処方される保湿剤のひとつです。乾燥肌や敏感肌にも効果的で、血流の改善や角質内の水分調整も行うボディクリームです。

 

子どもの保湿はもちろんですが、大人のシワやくま、肌のキメを整えるのにも最適です。朝たっぷり塗ると、1日中肌がしっとりしています。基本的には、朝とお風呂上がりの2回使用することでより効果を得られるといわれています。

 

ボディクリームとひと言で言っても、塗り心地や肌触りなどさまざまです。人それぞれ肌質が違い、乾燥肌、敏感肌、脂性などいろいろな特徴があります。その赤ちゃんやママ自身の肌に合うかがとても重要です。赤ちゃんもママの肌も守れるよう自分に合ったものを見つけることが大切ですね。(TEXT:こみく)

 


  • 0
  • 2
  • 1
  • 2

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

グッズの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。