アイデア次第で簡単に!子どもも大好き♪グラタン調理テク

2016/09/06 17:00
わが家のグラタン作りの工夫をご紹介!残り野菜を使えばマカロニを別で湯がく手間もなく、フライパンひとつで完成します。多めに作って冷凍保存しておけば、忙しいときに活躍します。ホワイトソース作りにはレンチンした牛乳やコンソメ、片栗粉を活用。冷凍保存しておくのもおすすめですよ。
カテゴリ│
食・レシピ
中カテゴリ:
コツ・ヒント
料理
時短

 

離乳食が完了するころから与えられるグラタンは、老若男女問わず人気のメニュー。ホワイトソース作りや味付けが難しいと思われがちなグラタンですが、ちょっとした工夫で素早く簡単に作ることができますよ。

 

そこで今回は、わが家で実践するグラタン作りの工夫をご紹介します。

 

具のアレンジ自由!冷蔵庫の残り野菜でも

 

グラタンというとマカロニグラタンを思い付きますよね。定番のグラタンもいいですが、冷蔵庫に残った野菜たちを使っておいしいグラタンも作れちゃいます。

 

わが家に、かぼちゃやトマト、ブロッコリーが野菜室に残っていました。それを全部使ってグラタンに。ほぼ野菜だったのですが、カボチャの甘みがあって子どももおいしそうに食べていました。マカロニを別で湯がく手間もなく、フライパンひとつで完成します。

 

多めに作ってグラタン冷凍術!

 

わが家ではグラタンを倍の分量で作ります。オーブン可能な耐熱皿に、焼く前のグラタンを入れ、空気が入らないようにラップをします。

 

冷めてから金属製のトレイの上で冷凍。そうすると、急速冷凍と似た状態になりますよ。少しでも風味の劣化を防ぐことができます。

 

食べるときは、冷凍のままレンジのグラタン調理メニューで加熱。忙しいときに冷凍グラタンが活躍します。


時短!ホワイトソース作りのコツ

 

ホワイトソース作りのいちばんの失敗例は「ダマになること」ですよね。その失敗を防ぐために、私はレンジで牛乳を人肌程度に温めてから使っています。あとは少しずつ入れて混ぜるだけ。ダマになりにくくなるうえに調理時間も短くなります。

 

また、グラタンの味付けもホワイトソースで行うとラクチンです。それも「コンソメ」を使うと失敗なし!ほかにも片栗粉を使ってトロミを付ける、なんちゃってホワイトソースも時短になります。

 

子どもが苦手な野菜も、ホワイトソースに絡めれば案外食べてくれることも多いです。ホワイトソースだけを多めに作り、ジップロックなどで冷凍保存しておくのもおすすめ!思い付いたときにすぐグラタンが作れますよ。(TEXT:田中由惟)

 


  • 0
  • 0
  • 2
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。