【体験談】おめでとう1歳!わが家の1歳児の成長と育児

2016/09/16 13:00
息子が1歳になった時に一番驚いたのは、よくしゃべるようになったこと。毎日公園で遊び、ほかの親子とお話しました。そして、私は、1歳から始める「プレ幼稚園」を知らず、なんと入園時期を逃してしまいました! 食事の面では毎日手づかみ食べをさせました。そのおかげか現在3歳になる息子は小柄ながら、ご飯をしっかり食べる子に育っています。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
育児
体験談
保活
保育園・幼稚園
発達

 

初めてのお誕生日をお祝いする1歳!よちよち歩きがかわいいこの時期に、赤ちゃんは突然おしゃべりになったり、歌や踊りに興味を持ったり、手づかみでごはんを食べて楽しんだりと、本当に好奇心旺盛になります。

 

そんな1歳児の成長と、私が親として1歳児と向き合った育児の様子をご紹介します。

 

1歳になったらおしゃべりさんに!

息子が1歳になったときにいちばん驚いたのは、よくしゃべるようになったこと。こちらの目を見て話しかけるようになり、「言葉を発する」から「会話」へ変わってきたようでした。

 

片言ながらも、おしゃべりしたい!という息子の気持ちを感じ、親子でコミュニケーションをとることを楽しみ始めました。しかし、実は息子は大の人見知り!いろんな人とおしゃべりする楽しさも伝えたくて、毎日公園で遊び、ほかの親子とお話しました。

 

どうする?1歳から検討始めるプレ幼稚園

2歳からの「プレ幼稚園」をご存知でしょうか?入園の検討を1歳から始めていくこの仕組みを知らなかった私は、なんと入園時期を逃してしまいました!

 

「まだ先」と思いがちですが、地域の幼稚園情報や願書配布日などは早めのチェックをおすすめします。

 

ちなみにその後、隣県への引っ越しが決まり、車で片道1時間半かけて、新居周辺の幼稚園見学会や交流会に参加する大変な日々でした。引っ越しと入園のタイミングを考えることも大切です。

 


 

ぐちゃぐちゃ大歓迎!手づかみ食べ

歯が生え、かたまりの物が食べられるようになった1歳ごろから、私は息子の口にほとんどごはんを運んであげたことはありません。食べる楽しみ、自分でやることの醍醐味を知ってほしくて、大変だけれど毎日手づかみ食べをさせました。

 

自由奔放な食事風景を見た私の母が、「ひと昔前はこんな風には食べさせなかったわ」と驚くのをよそに、息子はにこにこ顔!そのおかげか、現在3歳になる息子は小柄ながら、ごはんをしっかり食べる子に育っています。

 

まだまだかわいい赤ちゃんだと思っていると、あっという間に知恵をつけて成長していくのが1歳です。思い通りに子育てができなくて落ち込むことも多い時期ですが、このころから目標を持って、楽しみながら育児をしていくことで将来へつながっていくのだと思います。(TEXT:唐木田幸)

 


  • 3
  • 0
  • 0
  • 2

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。